動画用途カメラの不便を解決するリグ・15mmロッドシステムが素晴らしかった!

SmallRig 15mmロッドシステム

レンズが別体となっているミラーレス一眼レフカメラやシネマカメラの悩みどころでもある不安定感を解決し、周辺機器拡張や超望遠レンズのブレさえも抑える事が可能なSmallRig(スモールリグ)の15mmロッドシステムを紹介します。

何故カメラリグが必要なのか?

一昔前の動画撮影と言えばレンズ一帯型のビデオカメラが主流になっていましたが、5~6年ほど前ぐらいからレンズ交換式のミラーレス一眼レフやシネマカメラに移り変わっていきました。
ビデオカメラであればカメラ底部全体を三脚の雲台やスライディングプレートで固定する事が出来ていてとても安定感がありましたが、主流が小型のミラーレス一眼レフカメラやシネマカメラに移り変わると、固定する面積が小さいカメラ単体では特にチルト方向のブレが発生し、主にスチール向けに開発されたレンズの手振れ補正ではパンやチルトを振った後の大きな揺り戻しが発生してしまう事も少なくありません。
特に飛行機などの高速で移動する被写体を追う場合は、揺り戻しが酷くて手振れ補正をオフにしないとまともに撮影できない場合があるのです。

しかもビデオカメラとは違って外部拡張機器に頼らなければいけない部分もあるので、本体が小型化された分、外部バッテリーやら記録メディアやら、時にはフォーカスコントローラーが必要になったりします。
他にもレンズがブレないように固定したい場合など、パーツの組み合わせ次第でどうにでもできる拡張キットがカメラリグの主な役目なのです。
こうやって使わなくてはいけないというのは無くて、むしろ組み合わせ自由。固定方法も1/4ネジ・3/8ネジ、NATO互換・ARRI互換・アルカスイスやマンフロット・15mmロッドなどなど・・様々です。

デメリットとしてはカメラリグの沼に落ちると機材が少しずつ重くなってしまう事ですかね。

15mmロッドシステムを組んで撮影してみました。

SmallRig 15mmロッドシステム
BMPCC6Kと三脚座がセットになっているSIGMA APO 50-500mmレンズでSmall Rigのロッドシステムを使用してみましたが、35mm換算で約650mmの500mm超望遠域でもしっかりした安定感があり、逆に三脚の脚の不安定感が目立ってしまったぐらいです。
重量バランスの関係でカメラ本体とレンズサポートで固定をする事は出来ませんでしたが、とりあえず今回はこんな感じに組みました。

カメラ本体にはSmallRigのハーフケージを取り付けているので、外部バッテリーや外部マイク、左側にはSSDも取り付ているのですが、SmallRigの製品は価格の割に作りがしっかりしていて機能面でも素晴らしいだけではなく、見た目がとにかくかっこいいんです!
これだったら形から入っても良さそう。

SmallRig 15mm Rod System to reduce the shaking of the camera Test Video
サブチャンネルで公開しているSIGMA APO 50-500mmの500mmを使って撮影をした比較動画です。
レンズサポートを外すとローリングシャッター歪みが発生するぐらい激しくブレるような強い風だったのですが、15mmロッドシステムのレンズサポートを付けるだけでかなり揺れが収まるようになります。
三脚が風に煽られているのもあって完璧にはブレが収まっていませんが、かなり有効なようですね。

SmallRig 15mmロッドシステム

カメラ本体とレンズサポートで固定をするパターンも試してみましたが、レンズ交換時のセッティングが容易になった分、ベースプレートから50-500mmレンズの可動部に取り付けたレンズサポートまでの距離が長くなってしまうので、少々ブレは大きくなってしまいます。
ちなみに、鏡胴の長さが変化しないインナーズームレンズであればレンズサポートをどこに固定しても良いのですが、鏡胴の長さが変化するアウターズームレンズは前玉に遊びがあるので、焦点距離をほとんど変えない場合は極力レンズ前方を固定した方がしっかりと保持できます。

ロッドシステムを組むのに必要な物

ベースプレート

SmallRig デュアル15mm径ロッドクランプ付きベースプレート 1798
SmallRigのロッドシステムはフルセットでの販売が無く、パーツを個別に購入して自分で組む必要があります。
カメラやケージに対応した専用品も販売されていますが、カメラが一つだけではない場合や三脚座付きのレンズを使用する場合は汎用のベースプレートがオススメです。 今回はブレを極力少なくするのが目的だったのでプレートサイズが90mm×57mmとなっているSmallRig デュアル15mm径ロッドクランプ付きベースプレート 1798を購入いたしました。

ロッドクランプ2つとプレートが2枚入っておりますがスライディングプレートへの固定は1/4インチネジと3/8インチネジの合計2本で固定をします。


SmallRig ベースプレート 15mmロッドクランプ付き 三脚ベースプレート15mmロッドクランプ三脚プレート-1798

15mmロッド2本

SmallRig 15mmロッドシステム アルミロッド M12ネジ穴 ブラック (2本M12-20cm/2本M12-30cmロッド/2本ロッド連結コネクタ)6本セット-1659
レンズサポートやフォーカスモーターを取り付ける15mmロッドはカーボンファイバーアルミニウム合金から選べますが、広角域から超望遠域まで様々なレンズを使用する場合は連結可能なアルミ製がオススメです。
200mmと300mm2本ずつと連結コネクター2個がセットになっていて、全て連結すると約500mmまで拡張する事が可能です。
連結した時の強度は気になりましたが、多少強く揺すってもブレないぐらいのしっかりとした強度がありました。


SMALLRIG 15mmロッドシステム カーボンロッド 軽量 6インチ(約15cm) カメラアクセサリー 【2本入り】-1872 [並行輸入品]

SmallRig 15mmロッド チーズロッド M12ネジ穴 300mm ブラック 15mmロッドシステム アルミニウム カメラアクセサリー 2本入り-1053 [並行輸入品]

レンズサポートブラケット

SmallRigレンズサポートブラケット
15mmロッドシステムに対応したレンズサポートプラケットは、53.5mmまで高さを調整できるロングタイプにしました。
三脚座付きの望遠レンズで使用した時は残りの調整幅が7mmしかなかったので、ちょうど良かったかもしれません。


SmallRig レンズサポート レンズサポートプラケット レンズサポートシステム 交換レンズアクセサリ 直径50mm-140mmレンズ対応 15mmロッドクランプ装備-BSL2681 [並行輸入品]

使用感とまとめ

SmallRig 15mmロッドシステム
今回購入した製品全てで12,097円なので製品品質の良さの割にはかなり安かったのですが、レンズを簡単に脱着できると思っていたプレートは太さ5mm以下のマイナスドライバーを使用しないと1/4ネジを回せない仕様になっていた模様。
望遠レンズの三脚座を使用して固定する場合は、アルカスイス互換プレート&クランプ 2144とアルカスイス互換プレート 2146があると素早く標準レンズ仕様に変更が出来そうです。
組み立てる時まで全く気付きませんでした。

しかし、簡単に仕様を変更できるのもセット販売がされていないSmallRigロッドシステムの良さと言った所で、組み合わせ次第で様々なカメラやレンズに対応可能なのが本当に素晴らしいです。

購入時はベースプレートが短くてロッドがブレるんじゃないかと思っていましたが、レンズやカメラを叩いてもブレないぐらいの保持力がありますので、望遠レンズのブレに悩まされている方にはオススメしたい製品です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. EaseUS Data Recovery Wizard Pro

    安全にHDDを復旧!データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardが凄すぎた!

  2. SmallRig Matte Box

    コスパ最高!雨対策とハレーション対策にSmallRigの軽量マットボックスのレビュー

  3. ZEETEX WH1000 トレッドパターン

    そこそこいいかも? コスパ最強輸入スタッドレスタイヤ ZEETEX WH1000のレビュー

  4. NVMe M.2 SSD BIOSTAR M700-1TBの速度測定結果

    速い!格安!M.2接続NVMe SSD BIOSTAR M700 1TBのレビュー!UEFI BIOSの設定で行き詰った!

  5. トイストーリー4 フォーキーの作り方

    市販品だけ!トイストーリー4のフォーキーの作り方があるらしい

  6. ブレーキキャリパー塗装後の仕上がり

    ブレーキキャリパーを耐熱チタンカラーに塗装してみました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。