最新シネマカメラBMPCC6K PROを発表! 実質既存機種のマイナーチェンジ版か?

BMPCC6K PROの発表

Sony FX3の情報がリークしている中で、発表当日までAppleが情報を漏らした事以外では全く情報がなかったBlackmagic design(ブラックマジックデザイン)の最新機種がBMPCC6K PROであると2021年2月18日深夜に正式発表がありました。
ライブ中継を見ていても英語はほとんどわからなかったのですが、発表された内容をまとめてみました。

BMPCC6K PROの特徴!実質マイナーチェンジか?

BMPCC6K PROの発表
引用 : Blackmagic design | Blackmagic Pocket Cinema Camera
既にBlackmagic Design社からは小型シネマカメラBMPCC4Kと6Kが既に販売されている事はご存じの方が多いとは思いますが、今回発表されたBlackmagic Pocket Cinema Camera 6K PRO(BMPCC 6K PRO)は、既存機種であるBMPCC4K/6Kのマイナーチェンジ版とも言えます。
既存ユーザーが不満を抱え特に要望が多かったと思われる機能を改善しての発表となったわけですが、私の印象としては発売から2年~3年程度しか経過していないBMPCC4K/6Kユーザーが悲しまない程度の控えめな発表であったと感じられます。
以前からBlackmagic Pocket Cinema Cameraの4K版と6K版がラインナップに並んでいましたが、今回の発表で機能改善版の6K PROが登場する事になり、これからはBMPCC4K/6Kと機能改善版の6K PROの3機種がラインナップに並ぶそうです。

BMPCC 6KPROと既存機種の違い

内臓NDフィルターの搭載

BMPCC 6K PRO 内臓NDフィルター
引用 : Blackmagic design | Blackmagic Pocket Cinema Camera
今回発表になったBMPCC6K PROは、カメラ背面のボタンを操作して2-Stopから6-Stopまで段階的に減光できる4ポジションIR NDフィルター(クリア・2-Stop・4-Stop・6-Stop)が内臓されました。
既存機種では背景ぼかしをしたい時などにNDフィルターを取り付けて減光をしないとできなかった事はありましたが、この煩わしい作業が必要なくなります。
しかも、IR NDフィルターが赤外波長をカットしてIR汚染を除去する設計がされているようですので、以前から赤い光が飽和する問題の改善も行われている可能性があります。IRフィルターが単独で装着されているのかNDフィルターで減光した時だけ機能するのかまでは情報をつかめませんでしたが、フィルターは3枚内臓されているわけではなく、2-Stop1枚と4-Stop1枚のNDフィルターが内臓されていて、6-Stopの場合は2-Stop+4-StopのNDフィルターがイメージセンサー前面を覆うような設計であるようです。

チルト式1500nitHDRディスプレイの搭載

チルト式1500nitHDRディスプレイ
引用 : Blackmagic design | Blackmagic Pocket Cinema Camera
BMPCC4K/6Kの内臓背面モニターは固定式であるのと、明るい場所ではとても見にくかったのもあって外部モニター必須と言われるぐらいでしたので、改善要望は多かった事でしょう。
今回発表のあったBMPCC6K PROは背面液晶のチルト化と1500nit高輝度LCDモニターに変更になりましたので、明るい太陽光の下でもローアングル・ハイアングル自由自在に撮影が可能になるかと思われます。
しかもオプションでビューファインダーも取り付けられるようになったのも大きな改善点でしょう。

Mini XLR端子が2つに増えていた

BMPCC6K PROのインターフェイス
引用 : Blackmagic design | Blackmagic Pocket Cinema Camera
BMPCC4K/6Kでは1系統しかなかったミニXLRオーディオ入力ですが、BMPCC6K PROでは2系統に増えてたので、左右で独立したステレオマイクの入力も出来そう。
オーディオ入力と内臓マイクの弱さは気になっていた部分ではありましたが、どうやらここも改善されていたようです。

URSA Mini Pro 12Kと同じ第5世代カラーサイエンスの採用

BMPCC6K Gen5のカラーサイエンスを採用
引用 : Blackmagic design | Blackmagic Pocket Cinema Camera
2020年に販売開始となったBlackmagic URSA Mini Pro12Kでは、最新の第五世代カラーサイエンスを採用していましたが、今回発表になったBMPCC6K PROでも採用される事になりました。
既に編集ソフトのDaVinci Resolveが第5世代のカラーサイエンスに対応していたので、第4世代カラーサイエンスを採用しているBMPCC 6Kで収録した映像を第5世代に変更をする事は可能だったのですが、今までURSA Mini Pro12Kだけが対応していたカラーサイエンスにカメラ側が初めて対応したのは朗報です。
特にスキントーンが綺麗になっているとの事ですが、赤系の色も落ち着いているはず。ダイナミックレンジは13-Stopのままなので、Gen4より眠いGen5のガンマカーブにDaVinci ResolveのGen5がどう対応するのかは気になる所ですがどうなるのでしょう。


DaVinci ResolveのカメラRAWでカラーサイエンスをGEN4からGEN5に切り替えるだけでもこのぐらい違いますし・・。

BlackMagic Cameras 7.3
引用 : Blackmagic design Youtube Channel ATEM Mini & カメラアップデート
と思いきや、BMPCC4K/6Kユーザーにも朗報です。
BMPCC4K/6Kでも第5世代カラーサイエンスが使用できるファームウェアBlackmagic Cameras 7.3を開発中らしい!
まだ完成はしていないので最終的にどうなるかはわかりませんが、最新機種を発表したついでに既存ユーザーが使用しているカメラの延命を発表するとは流石BMDです。

その他とまとめ

BMPCC 6K PROでは、以前のLP-E6からバッテリーを大型化してSonyのNP-F570が標準装備になりましたが、BMPCC4K/6Kシリーズの消費電力では気休め程度の大容量化ですので、外部から給電をした方が確実である事には変わりはないと思います。
イメージセンサーや基本的な性能はBMPCC6Kのままなので、6K PROで改善した箇所を使用したい人以外は特に買い替える必要は無さそう。
ソフトウェアのアップデートで実質延命措置となったBMPCC4K/6Kと機能改善版の6K PROがラインナップに並んだ事で3機種から選べるようになっただけだったのは既存ユーザーとしては嬉しい知らせでした。

価格は税抜きでBMPCC 4Kで¥147,800・BMPCC 6Kで¥226,800、今回発表となった6K PROが¥283,800となります。

高感度性能が弱いのとローリングシャッター歪みが強めに出るのは少々気になりますが、Blackmagic Design製のカメラは元々色が綺麗なので、こんなんで本当にいいのかな?って不安になるぐらいカラーグレーディングが楽です。
AFや手振れ補正を犠牲にしても、色と質感にこだわりたい人にはとてもオススメのカメラです。

SENDAI松島離宮光のページェント
DaVinci Resolveは編集時にカラーサイエンスをGen5に切り替えられるのでBMPCC 6Kでも第5世代カラーサイエンスでカラコレできていました。その際に製作した動画がこちらです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. 名取市の山の中の道路

    雨が続く季節も写真を楽しむ方法-雨の日しか撮影できない風景写真を撮ろう!

  2. BMPCC フォーカスコントローラー

    BMPCC4K/6KのフォーカスもBLUETOOTH接続で遠隔操作!610円の神スマホアプリ!

  3. Adobe Lightroomセンサーダストを除去する

    スポット修正ツールで写真に写り込んだゴミを除去-Adobe Lightroom Classic CC

  4. Sony α6600

    Sony α6600&α6100を発表 気になる写真と動画の撮影性能は?

  5. Adobe Lightroom CC 補正ブラシを使用して一部分だけ明るさを変更する

    補正ブラシを使用して部分的に明るさを変える-Adobe Lightroom Classic CC

  6. Reduse noise V5 適用後

    動画のノイズ除去ソフト Neat Videoが凄すぎた!|Adobe Premiere Pro

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。