補正ブラシを使用して部分的に明るさを変える-Adobe Lightroom Classic CC

Adobe Lightroom CC 補正ブラシを使用して一部分だけ明るさを変更する

Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像をしている時に外観や色調を調整しても一部分だけ明るすぎて困ってしまう事はないでしょうか?そんな時に役立つのが補正ブラシで、一部分だけの明るさやホワイトバランス、明瞭度などを変更できるツールです。

補正ブラシを使用して部分的に明るさを変える

補正ブラシとは?

Adobe Lightroom Classic CCの部分補正機能である補正ブラシは、段階フィルターや円形フィルターのような特定の形ではなく、自由な形で部分的な明るさやコントラスト、明瞭度やホワイトバランスなどを変更できるツールで、逆光で暗くなってしまった部分や特定の部分だけを明るく補正するような事が可能になります。
このツールの使用方法は、以下の項目から解説していきます。

補正ブラシの使用方法

補正ブラシを使用する下準備

Adobe Lightroom 補正ブラシを使用する
補正ブラシを使用する前に、あらかじめ一眼レフやミラーレスカメラで撮影したRAWデータのホワイトバランスや色調を整えて、補正しない部分をある程度完成させます。後で補正ブラシを使用する予定の部分に白トビや黒つぶれが出現しても、後で部分的に明るさを調整する事が可能なので心配ありません。
補正ブラシは、現像モジュールの赤い丸で囲った部分をクリックして、補正ブラシを呼び出します。補正ブラシのアイコンをクリックするとマウスカーソルが二重の丸い円に変わります。

補正ブラシを使用して画像上をなぞる

Adobe Lightroom 補正ブラシを使用する
上の画像には表示されていませんが、実際には二重丸が表示されますので、編集中の写真上でドラッグして補正したい部分をなぞっていきます。
二重の円となったカーソルは、現像モジュール右側にあるサイズとぼかしで大きさを変更できますので、大きな面積を補正したい場合はサイズを大きくしてなぞっていきます。
赤く表示しているのは「選択したオーバーレイを表示」にチェックを入れているためで、補正ブラシの効果が適用される範囲が赤く表示されて、外側のぼかしの円の範囲で徐々に薄くなっていきます。この赤が濃ければ濃いほど、補正量が大きくなります。これは「選択したオーバーレイを表示」のチェックを外せば非表示になります。

画像を拡大して細かい部分を仕上げる

Adobe Lightroom 拡大して補正ブラシを使用する
補正ブラシを使用中は左クリックでの拡大表示ができなくなりますので、左側のナビゲーターパネルで1:1か1:2に拡大表示して、細かい部分をドラッグして塗りつぶしていきます。この場合は水面だけを区切って補正するので、ぼかしは使用していません。
はみ出した場合は、消去を左クリックして画像上のはみ出した部分をなぞれば消す事が出来ます。

マスクオーバーレイを外して部分補正をする

Adobe Lightroom 補正ブラシを適用して調整する
右側のパネルで露光量やホワイトバランスを調整して、濁っていた水面に透明感がプラスされるようにホワイトバランスを寒色寄りに調整していますが、補正ブラシでなぞっていない部分には全く影響していません。

補正前後の完成写真との比較

Adobe Lightroom 補正ブラシを使用した写真の比較
左側が補正ブラシを使用する前の写真で、右側が補正ブラシを使用して調整した写真です。元々水が濁っていたので水面が黄緑色っぽくなっていましたが、その逆となる青と赤寄りにホワイトバランスを調整した事で水面の濁りが無くなったように見える事がわかると思います。このように特定の領域だけを変更したい時に使用するツールが補正ブラシです。

応用:自動マスクを使用して一気に塗りつぶす

Adobe Lightroom 補正ブラシの自動マスクを使用する
補正ブラシの自動マスク機能は、塗りつぶした部分の輪郭を検出して自動的に補正部分との区切りを付けます。かなり適当に補正ブラシを使いましたが、上の画像では山と水面を残して空だけに補正ブラシが適用されています。空の部分でも雲の輪郭を検出してその部分を飛ばしてしまう事がありますが、もう一度その部分を塗りつぶせば補正ブラシの効果が適用されます。

応用:範囲マスクのカラーを使用して補正ブラシを使用した特定の色に適用する

Adobe Lightroom 補正ブラシ 範囲マスクを使用する
補正ブラシの自動マスクを使用して輪郭を検出できずにはみ出してしまった箇所は、範囲マスクのカラーを使用して残したい部分を色域セレクターで選択し、適用量を下げて範囲を指定する事も出来ます。残したい箇所を増やしたい場合は、Shift+左クリックで他の色を追加で指定する事も可能です。
色がはっきりと違っている場合は検出できますが、補正する場所と補正しない場所の色が似ている時は、効果を発揮しない時もあるので注意して下さい。

応用:範囲マスクの輝度を使用して補正ブラシを使用した特定の色に適用する

Adobe Lightroom 補正ブラシ 範囲マスクを使用する
上の項目では範囲マスクのカラーを説明しましたが、輝度でも範囲の指定をする事が可能です。カラーの時とは指定方法が違い、輝度の範囲を0~100で指定できるようになり、滑らかさで適用量を調整できます。
この場合は雲の薄い部分が一番明るかったのですが、適度にハイライトが抑えられたので地面や鯉のぼりの明るさを明るくする事ができるようになりました。

まとめ

写真を適正露出で撮影しても一部分だけ明るかったり暗かったりなど、狙い通りの写真が撮れなかった時には、特定の部分だけを修正できる補正ブラシが役に立ちます。
不器用な人や大雑把な人には補正する部分塗りつぶしていく作業が大変かと思いますが、使い続けていれば次第に慣れて、それでも大変なので頑張って下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. 有料無料あり!動画制作向けの著作権フリー音楽素材ダウンロードサイト8選!

  2. 箱根神社

    明瞭度・かすみの除去・彩度と自然な彩度の違い-Adobe Lightroom Classic CC

  3. 塩釜神社 Lightroomモダンの比較

    モダン プロファイルを使いこなす方法-Adobe Lightroom Classic CC

  4. 青空とANAボンバルディアDHC-8-Q400

    デジタル一眼レフカメラ Nikon D7500の実写レビュー・評価

  5. BMPCC フォーカスコントローラー

    BMPCC4K/6KのフォーカスもBLUETOOTH接続で遠隔操作!610円の神スマホアプリ!

  6. Adobe Lightroomプラグイン Nik Collection

    Nik Collection by DxO | 写真を海外風にするPhotoshop Lightroom用画像編集プラグイン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。