VSCシステムチェック表示・エンジン警告灯が点灯、故障かと思ったら原因はエアフロセンサーだった。

VSCシステムチェック警告灯点灯

日本三大桜名所で知られる高遠城址公園の帰り、自宅まで480kmという長い道のりを帰ろうかと思って駐車場を出た直後にシートベルト未着用警告音と同じ音が鳴ったので、助手席に乗せていたバッグをずらしてメーターパネルを見たら、いつもとは違う警告表示が沢山点灯していたのです。
マルチインフォメーションディスプレイ(メーター中央に文字で車両や外気温が表示される機能)には「VSCシステムチェック」「パーキングブレーキチェック」の表示があり、メーターパネル内には「エンジン警告灯」「パーキングブレーキ警告灯(オレンジ)」そして「VSC警告灯」が点灯していたのです。
しかも、高遠城址公園の駐車場から出るとしばらくは狭い一方通行路になっているので、その場で止まる事も出来ずに安全な場所で停車できる場所まで走り続けなければいけなかったのですが、走行時のフィーリング的には大きな異常は感じないぐらいで、アクセルを踏んだ時にもたつく程度でした。

道幅が広い場所で停車してから、エンジンの再始動を何度か試みるも状況は全く変わらない・・。
さすがに480kmをレッカーで移動するのは金銭面ではかなりきつく、長野県内のディーラーに放置して新幹線で帰った方が良いのか?とも考えたのですが、問題なく走れているので明るい場所まで自走させてみる事にしました。

今の状況で警告表示または警告灯が点灯している各機能を紹介します。

VSCシステムチェック表示および警告灯の紹介

VSCシステムチェック警告灯点灯状態

VSCシステムチェック

VSCとは、トヨタ系の自動車のVehicle Stability Control、いわゆる横滑り防止装置の略です。
オーバーステアやアンダーステアなど、通常走行時には起きる事の無い不安定な挙動を各種センサーが感知して、センサーから得られた情報を元にブレーキやエンジン出力を自動的に制御して理想の走行状態に近づけるように車両の姿勢を自動制御する機能です。
積雪路を走行していると分かりやすいのですが、カーブを曲がっている最中にアクセルを踏んでも踏力に対して加速感が無い場合は、横滑りを感知してブレーキやエンジン出力を制御している状態になり、メーターパネルのVSC警告灯も点滅している状態になります。

今回のトラブルでは、VSCシステムチェックの表示があり、この機能が強制的に停止されている状態になりました。

パーキングブレーキチェックおよび警告灯(オレンジ)

マルチインフォメーションディスプレイにパーキングブレーキチェック表示と、オレンジ色の警告灯が点灯している状態になりました。
以前の車両では、ハンド式や足踏み式のパーキングブレーキからワイヤーを介してブレーキを作動させるものでしたが、近年の自動車では電子制御でアクチュエーターを作動させるものに移り変わってきました。
オレンジの警告灯の場合は、パーキングブレーキの制御に不具合があるという表示なので、パーキングブレーキを作動させたまま動かなくなった場合以外は走行をさせる事は可能です。

今回は、ブレーキの引きずり(パーキングブレーキを効かせたまま走行している状態)もなく、この機能が正常に動作している状態でした。

エンジン警告灯

エンジン警告灯は、エンジンの動作を正常に保つための、各種センサーが異常を検知している状態に点灯する警告灯です。
エンジン内部で適切な燃焼を行うための空燃比を実現するエアフローセンサーやO2センサーの他、アクセル開度を監視して踏力に応じた点火制御を行うなど、近年の自動車はガソリン車においても様々な制御が電子的に行われています。

今回は異常な燃焼状態で発生するノッキングやハンチングなどの症状も無かったので、エンジンの制御自体は全く問題が無いだろうと自己判断しました。

救ってくれたのは、みんカラ等の自動車系SNS

以前から車は好きだったので、みんカラには登録をしていた時期もあったのですが、今の車に乗り換えてからは書く事も無くなっていたのでプロフィールページを削除しています。
トヨタのアベンシス(ZRT272W)は玉数が少ないため同様のトラブルに対しての投稿が無かったのですが、トヨタ系の車両であれば同様のトラブルについての投稿が多くありました。
トヨタ車はO2センサーかエアフロセンサー(エアフロメーター)からの異常信号が5秒継続して検知されると、VSCのシステムチェックを点灯させる仕組みになっているらしく、吹け上がりが極端に悪くなっていたり異常燃焼状態を表すノッキングやハンチングが発生していなければ、問題なく走行を出来たらしい。
みんカラの投稿者さんは、包み隠さず書き込んでくれているので、本当にいつも助かっています。
走っても大丈夫との自己判断で、長野県伊那市から宮城県名取市まで自走して帰ってきました。

やっぱりエアフロセンサーの清掃で治った

トヨタ車のエアフロセンサー
O2センサーとエアフロセンサーを交換か清掃すれば治る事が多いとの事で、手っ取り早くエアフロセンサーを清掃してみました。

まずインテークパイプにビス止めされているエアフロセンサーのコネクターを抜いて2本のビスを外します。
次に、エアフロセンサー本体をぶつけたりしないように上に持ち上げてゆっくりと外しますが、Oリングが固着している場合もあるので気を付けて下さい。

取り外したエアフロメーター
エアフロセンサーはインテークパイプを通過する吸入空気量を検出して燃料噴射量を調整するセンサーなのですが、フラップ式・熱線式・カルマン渦式が使われており、その中でも熱線式やカルマン渦式が多く使われているようです。
このセンサーが汚れてしまうと、正常な空気吸入量が検出できなくなってしまって燃調が狂ってしまったり、警告灯を点灯させてしまう事が多いようです。

DCMブレーキクリーン
呉工業から販売しているエアフロクリーンというケミカルもあるのですが、一回だけ使うために買うのはもったいないのでパーツクリーナーを使用しています。
専用品の方が確実なのは間違いないので、推奨はしない方法ですが、トラブルの時はパーツクリーナーが大体の事を解決してくれます。
熱線式のエアフロセンサーは、吸気温度計測用の抵抗と加熱抵抗で構成されているので、熱線が温まっている時にパーツクリーナーやエアフロクリーンを吹きかけたり、最大の圧力で吹きかけないように注意しながら作業します。
清掃後のエアフロセンサーが充分に乾いたら、外した時の逆の手順でインテークパイプにエアフロセンサーを取り付けます。

エアフロセンサー清掃後の警告灯
バッテリーのマイナス端子を抜いてECUのリセットもかけていたのですが、エンジンを始動した時には全ての警告灯が消灯し、VSCシステムチェックの表示も点灯しなくなりました。
ディーラーに持って行くと、エアフロセンサーの交換に一万円以上かかるらしいので、ダメ元で試してみたい方は是非参考にしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. ango

    仮想通貨(暗号資産)は本当に儲かるのか?

  2. Youtubeはめ込み画像

    Youtubeがまた規制を強化!子ども向けコンテンツで収益が減る!?

  3. マーチング宮城県大会

    マーチングバンド全国大会に出場する宮城県の金管バンド、吹奏楽部を配信で応援しよう!

  4. 右も左も分からない初心者が仮想通貨(暗号資産)を始めてみました。

  5. yt

    YouTube等のSNSで生放送 ライブストリーミング配信に対応しました。

  6. 特別支援学級のスキー教室に同伴して気付いた事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 大曲の花火 春の章 フィナーレ花火

    2022年 大曲の花火 SPRING FESTA 春の章 世界の花火 日本の花火

  2. USB端子洗浄後のカメラ

    接触不良でUSB端子に接続したデバイスが認識しない場合の接点復活方…

  3. marching

    動画撮影にも使えるステレオ録音のマイクセッティング方法

  4. VSCシステムチェック警告灯点灯

    VSCシステムチェック表示・エンジン警告灯が点灯、故障かと思ったら…

  5. log-grade

    映像撮影におけるRAWとLogの違いとは何か?