ASUSマザーボードのBIOSアップデートで心臓が止まりそうになった件

ASUS EZ UPDATE

10年以上ASUS製マザーボードを使用して自作パソコンを製作しているのですが、現在使用しているのはASUS ROG STRIX Z390-F GAMINGという第8世代/第9世代Coreデスクトッププロセッサーに対応した2018年発売のモデルなのです。

前回使用していた、RAMPAGE Ⅲ EXTREAMでは、水冷オーバークロックをしながらも約8年間もの間なんとか稼働出来ていたので、トラブル対応なども大分慣れたものでした。
Intel Coreプロセッサーが登場してからは、割と世代交代のサイクルが早くなってきたような気がして、ドライバーのサポートも早々と終了していたのでほとんどアップデートする機会もなく役目を終えたのです。

新しいマザーボードは発売から1年ぐらいしか経過していないのもあり、ドライバーやBIOSの新バージョンが続々と更新されていたのですが、今回の事件はBIOS・UEFIアップデートで起こりました。

ASUS製マザーボードは、USBメモリーなどのフラッシュドライブを使用してBIOS上から更新するEZ Flashと、OS上でBIOSアップデートが可能なEZ Updateの2つから選ぶ事ができるのですが、あるはずのフラッシュドライブが見つからなかったので、今回はEZ Updateを使用して更新をしたのです。

再起動してから多少時間がかかったものの、無事に更新も終わり(この時点で冷や汗)、BIOSのバージョン確認と設定の確認を兼ねてBIOSセットアップメニューを立ち上げたのですが、なんと・・途中でBIOSセットアップメニューごとフリーズ・・。

キーボードやマウスの電池切れなんて事もたまにあるのですが、交換しても全く動かず完全なフリーズ状態となってしまったわけです。

仕方なく強制シャットダウンしてもう一度起動させたのですが、今度はBIOSのロゴ画面すら表示されない真っ暗なままで、その後も電源ケーブルを抜いたりCMOSクリアをしたりしても全く起動せず・・・

もう心臓が止まりそうな気持ちで真っ暗なモニターを眺めていたのです・・。

諦め半分で、2台あるうちのサブモニターのHDMIケーブルを引っこ抜いたのですが、再起動したら何故か無事に起動できました!

グラフィックボードが原因なのか何なのかわかりませんが、OS上からアップデートをすると何が起こるかわからないという事と、BIOSアップデート後は起動時に不要なデバイスは外しておいた方が良いという事、不安な場合はめんどくさくても確実な方法を選択した方が良いという、いい教訓になりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. 松島の初日の出

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

  2. 悔しいなぁ 竈門炭治郎

    映像の生ライブ配信に対応しました!

  3. 特別支援学級のスキー教室に同伴して気付いた事

  4. やらない方が良かったYoutubeSEO対策

    4年間検証してやらない方が良かったYoutubeのSEO対策

  5. コロナウィルスワクチン接種のイメージ

    コロナウィルス感染症のワクチン2回目を接種しました。

  6. ANAボーイング747-400 里帰りフライト 小松空港

    ANAジャンボ ボーイング747-400型機・退役までの記録と記憶

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。