速い!格安!M.2接続NVMe SSD BIOSTAR M700 1TBのレビュー!UEFI BIOSの設定にハマりました。

NVMe M.2 SSD BIOSTAR M700-1TBの速度測定結果

10年前からHDDを全く入れ替えずRAID10での運用をしていた私の自作パソコンですが、Adobe PhotoshopもPremiereも起動するまで1分以上かかってしまうので、ついにNVMe M.2規格の高速SSD BIOSTAR M700-1TBを導入しました!
昨年、自作PCのマザーボードやCPUを入れ替えた事を記事にしていましたが、今回のNVMe M.2 SSD導入は一からパソコンを組み直していた時の方が楽だったと思うぐらいに、かなりハマりました。

特に昔からHDDで運用していて突然M.2 SSDを導入する人向けの記事になると思いますが、簡単なようで難しいUEFI BIOSの設定を含めたM.2接続NVMe SSD BIOSTAR M700 1TBの導入方法を紹介します。

NVMeとM.2 SSDの違い

SATA接続の2.5インチSSDと入れ替わるように最近普及を見せ始めたM.2接続のSSDですが、同じ接続規格や形状でも最大転送速度が全く違う2種類のデータ転送方式が存在しています。
一つはSATA3.0経由でデータを転送するタイプのM.2 SSDで、こちらの場合はSATA3.0接続の2.5インチSSDとほぼ同じぐらいの速度となっていますが、もう一つのNVMeストレージの方はPCI Express経由でデータを転送しているため、理論上はPCIe3.0×4で最大転送速度が32Gbpsになる・・らしいのです。

SATA接続の2.5インチSSDが登場した時も「はえぇぇぇ!」って思ったのですが、ここまで転送速度が速くなる事は全く予測していなかったのか、接続方式が変わりついにケーブルまで無くなってしまいました。

なので、2.5インチSSDの時みたいにPCケースに取り付けてケーブルで繋いでという感じではなく、マザーボード上にある端子に直接接続しなくてはいけないので少々勇気が必要かもしれません。

今回はSATA転送のM.2 SSDではなくNVMe転送のM.2 SSDを購入しましたが、NVMeのメリットは速度だけではなくSSDやHDDを接続しているSATA3.0端子が排他にならない点があります。
私の場合は動画データを大量に保存しているHDDを接続しているので、M.2スロットとレーンを共用しているSATA端子が一つでも使えなくなるのは嫌だったのですが、NVMeの場合はその制限が無くなります。

BIOSTAR M700-1TBの接続

NVMe M.2 SSD BIOSTAR M700-1TB
今回購入したBIOSTAR M700-1TBは、一時的にデータを保存しておくキャッシュメモリーが存在しないDRAMレスのSSDなのですが、容量が大きくても値段がそんなに高くない、コスパが良ければそれで良しってだけの勢いで、1万6480円(10000還元ゴールドポイント)を使って購入いたしました。

元々10年前から使っている1TB HDDをRAID10で運用していたので、少しでも転送速度が早くてSATA端子が全部使えればそれでいいのです!

到着予定よりも3日早くゆうパックで送られてきたのですが、箱の中身はBIOSTAR M700-1TB本体と英語で何を書いているのか分からない説明書のみです。

NVMe M.2 SSD BIOSTAR M700-1TBの本体

このSSDはM.2 2280サイズで、M.2規格の中では2番目に大きい約22mm×80mmのサイズとなり、他のサイズでは2230/2242/2260/2280/22110があります。

このM.2 SSDの中でもNVMeモデルは転送速度が早い分、消費電力や発熱量も多くなっているので、冷却するためのヒートシンクはほぼ必須と言ってもいいのですが、無くてもコントローラーの処理能力を低下させて熱暴走を回避する「サーマルスロットリング」が働くので寿命が短くなる可能性がある事以外は問題ありません。

私が使用しているマザーボード ASUS ROG STRIX Z390-F GAMINGには、標準でM.2_2にヒートシンクが付属しているのでこの時点でSSD表面に貼っていたシールは剥がしてしまいました。

ASUS ROG STRIX Z390-F GAMINGのM.2 ヒートシンク
これが、そのM.2_2に付属しているヒートシンクです。
裏側には熱伝導シートが貼られているので、保護シートを剥がしただけでポン付けできる親切設計でした。

ヒートシンクを固定しているネジが小さいので、タワーケースは寝かせてネジを緩めた方が紛失する可能性が少なくなります。

M.2 SSDの取り付け用スペーサー
ASUS ROG STRIX Z390-F GAMINGも22110までのサイズに対応しているようですが、22110の取り付け部分はヒートシンク用のスペーサーが取り付けられているため、純正のヒートシンクを使うのであれば大きくても2280までの部分(M700は2280)にM.2 SSD取り付け用のスペーサーを取り付けます。

ちなみに、このスペーサーはマザーボードの付属品として同梱されているので、組み立てた時に紛失しないように気をつけて下さい。
使わないと思っていたので探すのが大変でした(笑)

マザーボードにM.2 SSDを取り付ける

マザーボードに平行の状態から30度ぐらい斜め上の角度でM.2 SSDを端子に差し込んでいきますが、斜めになった状態から先ほど取り付けたスペーサーに押さえつけてネジで固定します。
少々不安に感じますが、そんなに力を入れなくても大丈夫な仕様になっていますので、力を入れないとスペーサーの上に載らない場合は端子にうまくハマっていない可能性があります。

で、後はヒートシンクを戻して取り付けはOKです。

Windowsインストールディスクの作成とソフトウェアの退避

ソフトウェアやドライバーをシステムディスク以外に移動する

システムのクローンやGPT/MBR変換の方が良いのでしょうが、私の場合はシステムに使用していたHDDが10年前の物で、そこに何度も上書きをしている都合で、安心確実なクリーンインストールを選びました。
OSをインストールした後の手間や時間を減らすために、この時点でドライバーやソフトウェアをダウンロードしておいて、外付けHDDやUSBメモリーなどのメディアに退避させておきます。

元々OSをインストールするだけのパーティションを作っている都合で、クリーンインストールした後のデータ損失が少ないのもありますが、この辺は躊躇なしでやっちゃいました。

ただし、台数制限でライセンスを取得しているソフトウェアは、新たなパソコンにインストールしたと判断されてライセンスキーがロックされる場合があるので気を付けてください。
私はSKYLUMのLUMINAR4でやらかしましたw

ちなみにどうしてクリーンインストールを選んだかというのを説明すると、基本的なところはUEFIブートが存在していなかったX58チップセット時代に構築したRAID10だったので、レガシーBIOSモードからUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)モードに対応させる事に加えてRAIDからNON-RAIDにシステム変更をしても、正常に起動する可能性が薄かったからです。

クリーンインストール後にソフトウェアやドライバーをインストールするだけなので、その方が何も考えなくて良かったのもありますが、システムクローンでは何度も失敗してしました・・。

Windows10インストールディスクの作成

Windows10インストールディスクの作成
マイクロソフトのウェブサイトから、最新バージョンのインストールディスクを作成できるメディア作成ツールをダウンロードして起動させます。
私の場合は、オンラインでプロダクトキーを購入しているので認証とかもすべてオンラインで済ませられるのでこの方法で行っていますが、古いバージョンからのWindowsアップデートってやたらと時間がかかりますよね・・。
これだとその手間が無くなります。

OSインストールメディアの作成
別のインストールメディアを作成するを選択します。
UEFIブートに対応させるためにはUEFIに対応したUSBフラッシュメモリーじゃないとダメというのも見たことがありますが、DVD/BDドライブをUEFIモードで起動できるようでしたらDVDやBDでインストールメディアを作っても大丈夫なようです。

言語、アーキテクチャ、エディションの選択
基本的には同じエディションのWindows10をインストールするようになると思うので、このPCにおすすめのオプションを使うにチェックを入れます。

OSインストール 使用するメディアの選択
USBフラッシュドライブかISOファイルのどちらかを選択しますが、ISOファイルを選択するとその次にDVDやBDなどのメディアに焼く工程に進みます。

ISOファイルをDVDにコピーする
Windows10インストール用のISOファイルが作られるのでDVD/BDからOSをインストールするのであれば、DVD書き込み用ドライブを開くを選択してディスクを作成します。

完成したらシャットダウンをしてクリーンインストールの準備をします。
クローンやらバックアップやら色々試してみたうちの成功例が結局クリーンインストールだったので、ここまででもヘトヘトだったのですが、まだまだ先は長いのです・・。

レガシーモードかUEFIモードどちらになるかはBIOS次第

PCの電源を入れた後に起動するBIOSですが、いつの時代になってもまるでファミコンのようなレトロ感漂う設定画面が表示されていました。
これは16ビットパソコン時代から基本的に変わらなかった部分で、16ビットモードでしか動作していなかったのが理由なのだそうです。
システムディスクにMBRしか使えなくて2TB以上のハードディスクやSSDにOSをインストールできないなどのデメリットがありましたが、様々な困難を解消できたのがUEFI・BIOSです。
システムディスクにも2TB以上をサポートできるGPTを使用できるようになり、従来は難しかったセキュアブートや起動時間の短縮など、旧BIOSからの進化によって様々な問題が解決したようです。

全てのデバイスやシステムがUEFIに対応すれば旧BIOSの名残になっている設定が消滅する事があるのかもしれませんが、今は旧BIOSとの互換性を保ち続けている状態なのでレガシーブートモードとUEFIブートモードのどちらでも起動させちゃう事ができるのです。

SSDにOption Romを搭載している場合はどちらのブートモードにも対応しているみたいなのですが、BIOSTAR M700-1TBの場合はレガシーブートモードでOSをインストールしても再起動時にOSインストールディスクを入れていないと起動しなかったのです。

「今までハマっていたのはそれが原因かも?」

しかも、UEFIモードでNVMe SSDを正常に起動させるのが大変だというのが、また・・。

UEFI・BIOSの設定でUEFIブートモードで起動する方法

SATAモードの選択

UEFI・BIOS SATAモードの選択
ドライブ関係の設定ですが、NVMe SSD以外にもドライブを使用しているのならば、AHCIかRAIDを選択しておきます。
現状では動画や写真のデータを保存しているHDDを接続しているため、とにかくデータを保存できる容量が欲しいのでAHCIを選択しました。

ASUS製マザーはこれを設定しないと外付けドライブでエラーが出るらしい

Boot Sector (MBR/GPT) Recovery Policy
私が使用しているマザーボードASUS ROG STRIX Z390-F GAMING以外にもH370マザーでこの現象が発生した例があるようですが、外付けドライブを接続している状態で起動すると、エラーメッセージと共にBIOSから先に進めなくなってしまう症状があるようです。
なので、Advance ModeのBOOT(起動)にあるBoot Sector(MBR/GPT)Recovery PolicyをAuto Recoveryに設定しておきます。

セキュアブートを無効にする

セキュアブートを無効にする
UEFIモードでOSをインストールする時はCSMかセキュアブートを無効にしなければ正常に起動できないらしく、ここでだいぶハマりました。
CSMとはCompatibility Supported Moduleの略で、旧BIOSとの互換性を保つための機能です。
UEFIで起動するから関係なさそうと思いがちですが、古いドライバや周辺機器との互換性を保つ役目もしているようなので、この機能を無効にするのは様子見にする事として、今回はセキュアブートキーを削除いたしました。

これはセキュアブートキーの初期化ですぐに戻せるとの事。

セキュアブートのOSタイプ
と思いきや、こちらのOSタイプの項目でセキュアブートの有効と無効が選択できるようです。
OSタイプのUEFIモードがセキュアブートを有効にする設定なのですが、非UEFIモードがセキュアブートの無効となっており、英語にしても「UEFI Mode」と「Other OS」というよくわからない設定項目となっています。
無効にする場合は、Othe OSまたは非UEFIモードを選択しておきます。

CSMを設定する

UEFI・BIOS CSMの設定
いずれはCSMを設定しなくても良くなる時が来るのでしょうが、現段階ではどこで不具合が起きるかわからないので全てUEFI Onlyに設定して様子を見ます。
古い周辺機器などを使用している時にデバイスやドライバーなどで不具合が発生したらその部分だけをレガシーブートに変更すれば大丈夫です。

とりあえずはこのまま使用してみて、最新バージョンのUEFI・BIOSにアップデートする際にCSMを無効にしてセキュアブートを有効にする予定です。

起動オプションの優先順位 Boot Optionの設定

起動オプションの優先順位 Boot Optionの設定
Boot OptionにはOSが入っているドライブが表示されますが、M.2にOSのインストールが成功した後なので、Windows Boot Manager(M.2_2: BIOSTAR M700-1TB)が表示されています。

OSをインストールする前はCSMやセキュアブートを設定した後に何も表示されていないと思うので、OSインストールディスクやUSBフラッシュドライブを接続した状態でBIOSの保存をし、再度(F2)か(Delete)でUEFI・BIOS設定画面を立ち上げて、起動デバイスの所に表示されているDVDドライブやUSBフラッシュドライブを選択してOSをインストールしていきます。
その時は、起動オプションの優先順位とDVDドライブまたはUSBフラッシュドライブが表示されていると思いますが、UEFI:ドライブ名と表示されていればOKです。

OS起動後の確認

システム情報の確認
システム情報(msinfo32)を確認してBIOSモードがUEFIモード、セキュアブートの状態が無効となっていれば成功ですので、あとはWindowsのアップデートやデバイスドライバのインストールをしていって大丈夫です。

NVMe M.2 SSD BIOSTAR M700-1TBの速度測定結果
NVMe M.2 SSDの中でもコスパ重視なBIOSTAR M700-1TBですが、シーケンシャルリードで2000MB/sもの恐ろしいぐらいの速度が出ています。
OSの立ち上がりの早さと共にAdobe PremiereやPhotoshopなどの重いソフトもサクサク起動しますが、SATAでもNVMeでもCrystalDiskMarkで見れる数値程の差は見られないとの事。

いずれはチップセットなどの進化によってNVMeの転送速度を有効に利用できる日が来るようになるかもしれませんが、現状ではシリアルATAコネクタが犠牲になるかならないかで考えても良いかもしれません。

私的にはHDDをシステムドライブに使用していた状態からNVMe M.2 SSDに変更をしているので、キャッシュレスだとしても最高に満足しています。

あとはATXの冷却ファンさえ回らなければ、無音PCになりそうです!!


BIOSTAR M.2 NVMe Gen3×4 対応SSD 1 TB [ M700-1TB ]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. トイストーリー4 フォーキーの作り方

    市販品だけ!トイストーリー4のフォーキーの作り方があるらしい

  2. ELECOM トラックボール HUGE 無線タイプ

    エレコム トラックボールマウスは写真と動画編集作業に使えるのか?をレビュー

  3. 格安トランペット B♭管

    初心者には入門用格安トランペットがオススメ!安いからこそのデメリットも少々あり・・。

  4. iPhoneで撮影した仙台市街地の夜景

    夜撮カメラ4|夜景や花火も美しく撮影できる スマートフォンアプリ

  5. マザーボードとCPU交換 起動後

    故障した水冷自作パソコンをCore i7 8700とASUS ROG STRIX Z390-F GAMINGで再製作!

  6. EaseUS Data Recovery Wizard Pro

    安全にHDDを復旧!データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardが凄すぎた!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。