BMPCC4K/6KのフォーカスもBLUETOOTH接続で遠隔操作!610円の神スマホアプリ!

BMPCC フォーカスコントローラー

ジンバルで撮影をしている時にカメラ本体を極力触らずに設定を変更したりRecボタンを押せないかな?なんて思ったことは無いでしょうか?
フォーカスコントローラーや専用トリガーを使うのが最善なのですが、どれを使うにしてもお値段が高すぎて気軽に手を出せないと感じてしまいます。 ところが、BMPCC(Blackmagic Cinema Camera 4K/6K)ではBLUETOOTHで遠隔操作が出来るようになるとの事でしたので、フォーカス制御まで出来るぐらいのとんでもなく素晴らしいスマホアプリ、Bluetooth+ for Blackmagicの機能をご紹介させていただきます。

はじめに

BMPCCの初期設定や操作方法を学んでいる時に、BLUETOOTHでアプリとカメラを連携させる事でカメラの設定を制御できる事を知ったのですが、Blackmagicで公開しているアプリはiPad用ですし、他はサードパーティが公開しているアプリのみだったのです。
極力スマートフォン用の純正アプリか公認アプリを使用したいのですが、Blackmagicのウェブサイトではそのような情報を見つける事が出来なかったため、Google検索でアプリの特徴を調べていた時です。
あまりアプリには期待しておらず、ある程度設定をコントロールできればいいかな?と思っていたのですが、Bluetooth+ for Blackmagicというアプリには喉から手が出てしまいそうな程欲しかった機能が満載だったのです。

アプリの連携方法

BMPCC4K/6K用スマートフォンアプリ
Bluetooth+ for Blackmagicは、We Are Empire PTY LTDが610円でApp Storeで販売しているアプリです。
これを起動させてから、BMPCC本体のセットアップにあるBLUETOOTHをオンにしてスマートフォン側のPOCKET CINEMA CAMERA 6K~をタップしてからConnnectをタップすると、スマートフォン側に「Bluetoothペアリング」が表示されます。
すると、BMPCC本体側にコードが表示されますので、そちらの数字をスマートフォン側で入力します。

ホワイトバランスの調整

スマートフォンとBMPCCのペアリング
iphoneの画面がBMPCC本体の設定内容と同じような項目になればペアリングは成功しています。
一番最初にホワイトバランスのカスタム調整やプリセットが表示されますが、グレーカードやホワイトバランスカードを映してAWBをタップすると自動でホワイトバランスを調整してくれます。

シャッタースピードやISO感度などの基本的な設定

アイリスやシャッタースピードの設定
隣の絞りマークをタップすると、上からフレームレート・絞り・シャッタースピード・ISO感度が設定できます。
この設定はBMPCC本体とリアルタイムで連携しているので、調整している情報がそのままカメラ本体に反映されます。 ジンバル撮影をしている時にカメラ本体を触らずに露出を変更できるので、突然曇ってしまって明るさが足りなくなってしまったり、暗い所から明るい場所に移動する時などはとても便利であると感じる機能です。

撮影補助機能の表示

ゼブラやフォーカスアシストの表示
フォーカスアシストやゼブラ表示の設定をスマホで変更できる機能なのですが、下手したらBMPCC本体よりも操作がしやすいような気がします。
何よりもカメラ本体のタッチパネルが指紋だらけになってしまう回数が減ってくれるのがいいですよね。

コーデックや解像度の設定

コーデックや解像度の設定
コーデックや解像度の設定もスマホで変更できます。

あまりにも神アプリすぎる素晴らしい機能

BMPCC フォーカスコントローラー
これは喉から手が出るほど欲しかった機能なんですが、BMPCCとスマホを同期させて録画中でもリアルタイムでフォーカスを遠隔操作する機能なのです。
本来であればフォーカスコントローラーを購入してモーターでフォーカスリングを動かすような製品を買わなくてはいけないのに、たった610円のスマホアプリをインストールするだけでピント調整まで遠隔操作できるなんて素晴らしすぎです。


これがスマホアプリでフォーカスをリアルタイム制御している時の動画です。
スライド幅を増やせばフォーカスの速度も速くなるのですが、かなり低速にしての微調整も出来るので、動く被写体のピント調整や速度を変えながらの滑らかなフォーカス送りも可能になります。
停止させる時に多少のタイムラグがあるようにも感じますが、コンティニュアスAFを搭載していないBMPCCでは涙が出そうな程に欲しかった機能です。

まとめ

背面モニターに表示されている映像が表示されないのは仕方ないですが、逆に考えるとデータを読み取られる心配が無いという事です。
物理的にコントロールが出来ないズームを抜いたそれ以外のほとんどの機能をリアルタイムで遠隔操作できるので、BMPCCを購入したなら絶対にインストールしておきたいスマホアプリです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. 仙台駅前の夜景

    明暗差を抑えて夜景写真をレタッチ RAW現像テクニック-Adobe Lightroom Classic CC

  2. Adobe Lightroom レンズ補正と変形機能を活用する

    レンズ補正と変形を使いこなして歪みのない写真に仕上げる-Adobe Lightroom Classic CC

  3. 8K映像 長岡まつり大花火大会 復興祈願花火フェニックス

    Youtubeで高画質8K UHD HDRスーパーハイビジョン花火映像公開中!!

  4. Reduse noise V5 適用後

    動画のノイズ除去ソフト Neat Videoが凄すぎた!|Adobe Premiere Pro

  5. Adobe Lightroom 段階フィルターを二重に適用する

    段階フィルターを使用して水辺の反射をウユニ塩湖のように表現-Adobe Lightroom Classic CC

  6. アーティスティックな白石川堤一目千本桜

    アーティスティック プロファイルを使いこなす-Adobe Lightroom Classic CC

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。