RAWで動画が撮影できるシネマカメラ BMPCC 6K(Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K)を導入しました

BMPCC6KとキヤノンEFSレンズ

ブラックマジックデザインが2019年に発売したシネマカメラ、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K(BMPCC 6k)を導入しました。13stopのダイナミックレンジを確保し最大25,600のデュアルネイティブISOを備えたSuper35mmセンサー搭載で、最大6K解像度50fpsの12bitRAWで記録が可能になった素晴らしいカメラです。

BMPCC 6Kの概要

キヤノンEFマウントの採用

BMPCC6KとキヤノンEFSレンズ
ブラックマジックデザインが2019年に発売したBlackmagic Pocket Cinema Camera 6K(BMPCC6K)は、同社が発売していたBMPCC4Kの後継機ではなく上位機種と位置付けられているシネマカメラです。
BMPCC4Kではマイクロフォーサーズマウントを採用していましたが、この機種ではAPS-Cセンサーサイズに近いSuper35mmセンサーとキヤノンEFマウントを採用しているため、EFレンズ・EFSレンズの両方に対応しています。
なので、キヤノン製品を使用しているユーザーであればレンズ資産を有効に活用する事ができるのです。

実は、2014年頃からソニーFEマウントとニコンFマウントに移行していたので、EFレンズはほとんど手放してしまっていたのですが、2011年前後から放置してあったEFS標準レンズが偶然にも見つかったのでBMPCC6Kに装着をしてみました。
ケラレ等もなくカメラ本体側でも認識していましたので、EFレンズだけではなくEFSレンズにも対応していると思って良さそうです。

デュアルネイティブISO

BMPCCはISO400と3200が基準ISOとなっているデュアルネイティブISOを採用しています。
技術的な事はよくわかりませんが、明るい場所ではベース感度400のISO100~1000を使用しますが、暗所撮影時にはベース感度がISO3200となる1250より上のISO感度を使うことによって、Blackmagic Designが従来苦手としていた暗所撮影と暗所でのダイナミックレンジ確保を可能にしました。
これは、ISO1000よりもベース感度が変わるISO1250の方が画質面でも良好な結果が得られるというメリットがあります。

RAWは内部記録と外部記録に対応

BMPCC6Kと2.5inchSSD
BMPCC6KはBlackmagic RAWとApple Proresを内部ストレージと外部ストレージのどちらかで記録できます。
内部記録はCFastとSDの両方に対応していますが、1TBで1時間から2時間程度しか記録できないぐらいなので、容量の大きい製品が無いSDカードや高価なCFastよりも外部記録できるSSDの方がオススメです。
試しにUSB-CでATOMOS NINJA FLAMEで使用していたサンディスクの2.5インチSSDを使用してみましたが、時々認識しなかったり収録中に止まってしまったりしたので、ブラックマジックデザインのBMPCC6K商品ページにある「互換メディア一覧」に掲載されている製品の方がオススメです。
その中でも6K Blackmagic RAW 5:1 50fpsに対応しているのは7製品しかないのですが、一番安いDelkin Devices DJUGBM1TBでも一切止まる事がなく記録をする事が出来ました。

シンプルな操作系と大型だけど少々見にくい背面モニター

BMPCC6Kの背面モニター
背面モニターはタッチパネル式の5インチフルHDモニターを採用しているのですが、屋外の昼間は暗め、夜は明るめに感じるので、ゼブラを表示させながらヒストグラムで調整するのが良さそう。
他にもフォーカスアシスト機能もあるので、コンティニュアスAFを搭載していないBMPCCでは、撮影時のフォーカスをマニュアルで微調整する時にとても便利でした。
国内メーカーのカメラからBMPCCに移行した時にとても不便に感じる部分ではありますが、国内メーカーは撮影時の補助機能を開発していく技術が素晴らしく、特に一発でピントが合うソニーのミラーレスから移行した時は、フォーカス精度の甘さに少々不満を感じてしまう時があるかもしれません。
使用したレンズが10年前のEFSレンズなので、スピードはやはり10年前の水準なのですが、ピントを合わせる時に迷いがあるのは機種依存なのだと思われます。

不満ばかりではなく、BMPCCのモニターは大型なだけあって撮影設定やRec状態がとても見やすく、タッチパネルをフリックして表示を消したり水平器やグリッドを表示する機能もあるのが素晴らしい所。
モニターに3DLUTを当てて表示する機能も備えています。

ホワイトバランスの調整もしやすいです

BMPCC ホワイトバランス
ホワイトバランスはプリセットとカスタム設定(CWB)の他に、オートホワイトバランスではホワイトバランスカードやグレーカードをモニターに映してWB更新をタップすると自動的にホワイトバランスを調整してくれます。
モニターの表示に3DLUTを当てて微調整をする事ができますが、ベクトルスコープが無く、外部モニターか勘が頼りになってしまう所がありますので、微調整は映像の編集時にするぐらいで考えていても良いかもしれません。

充分すぎるぐらい備わっている接続端子

BMPCC6Kの端子
BMPCCには外部モニターに表示するHDMI端子やファンタム電源対応のミニXLR端子、3.5mmヘッドフォン出力・マイク入力端子、外部バッテリーからの充電が可能な外部ストレージ接続などに使うUSB-Cや12VDC端子が備わっています。
端子をカバーするゴムキャップは3分割になっているのですが、USBと12VDC端子はHDMI端子をカバーしている部分を外さないと脱着しにくく感じます。

ちなみにバッテリー関係の話では、ソニーのミラーレスは5V出力のモバイルバッテリーから7.2V出力の内臓バッテリーを充電できましたが、BMPCCではそれが出来ませんでした。
12V出力も出来るPD対応のUSB-Cチャージャーもダメでしたが、AnkerのPowerIQやQUALCOMM社が開発したQuick Chargeを搭載している最大12V出力のUSB-CモバイルバッテリーやACアダプターで対応できます。

これ、DJI RONIN-Sも共通でした。

BMPCCの一番の弱点である内臓バッテリーは、キヤノンのLP-E6互換バッテリーなので、外部ストレージを使用して撮影をすると20分程度しか使用できませんでした。
大量に内臓バッテリーを買い込むか、外部電源を接続しないとまともに使えないので、初めてBMPCCのカメラを購入した人はかなり悩まされてしまうのではないでしょうか。

BMPCC6Kの重さや大きさ

BMPCC6Kと三軸ジンバル
ポケットシネマカメラという名称であるBMPCCは、どこがポケットなのかわからないぐらい大きくて、ニコンのAPS-C一眼レフを横に伸ばしたぐらいのサイズはあります。
重さが約900グラムあるのと、特にレンズマウントから右側の横幅が広くなっているので、何かしらの対策をしないと3軸ジンバルに乗せられない事もあります。 私が使用しているFeiyuTech α2000ではアームを反対向きにして無加工での取り付ける事が出来ましたが、DJI RONIN-SやZhiyun Crane2ではオフセットプレートを付けるなどの工夫が必要なのだそうで、ミラーレスカメラ用ジンバルで各アームの可動範囲が狭い場合はBMPCCが載せらないと思います。

FeiyuTech α2000もアームを最大まで伸ばして何とか載っている感じなので、これ以上周辺機器を載せてしまうとバランスを崩してしまいます。

※モーターのペイロードは足りていましたが、アームの強度が弱すぎてカメラの重さに耐えられなかったのでDJI RONIN-Sに変えました。

それでも購入をした理由

Blackmagic Designで公開中のRAWデータ
Davinci Resolveを無料で使用できるようにしているBlackmagicですが、BMPCC6Kで撮影したデータも無料でギャラリーからダウンロード出来るようにしています。
商売が上手いと言うか罠と言うか・・また今回も罠にハマってしまったような感じなのですが、BMPCCのRAWデータは色が綺麗であると以前から良い評判を聞いていたので、ギャラリーで公開しているデータをダウンロードしてグレーディングをしてみました。
元々ソニーの8bit S-Log2を使用していたのですが、BMPCC6Kの12bit RAWは色が綺麗でコントラストを強めなくても被写体のディテールがしっかりしているのが素晴らしいなと・・。

ダイナミックレンジが広くて色が綺麗で12bitで・・、そんな動画用カメラをずっとお待ちしておりました・・。 しかも有料のBlackmagic Design Davinci Resolve Studioのアクティベーションコードも付いてきます。

まだ数分しか撮影を出来ていなかったので、私の動画は公開するまでに至っていないのですが、ある程度撮影が出来ましたら後程別の記事で動画を公開させていただきます。

やはりバッテリーの問題やコンティニュアスAFが無い事などもありますが、それでもBlackmagic RAWの色再現性と階調の豊かさに憧れるという人は買ってみても損はしないのではないかと思います。
しかし、最近はソニーのEマウントに移行してしまった方も沢山いると思うので、カメラ本体以上にそれ以外の部分にお金がかかってしまうというのは覚悟しておいた方が良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. Adobe Lightroom ノイズ除去

    シャープとディテール・ノイズ除去の使用方法-Adobe Lightroom Classic CC

  2. 仙台空港臨空公園 ビンテージ

    ビンテージ プロファイルを使いこなす-Adobe Lightroom Classic CC

  3. アーティスティックな白石川堤一目千本桜

    アーティスティック プロファイルを使いこなす-Adobe Lightroom Classic CC

  4. Adobe Premiere Pro オートリフレーム シーケンス

    2019年11月にリリースしたAdobe Premiere Pro V14.0の新機能をテストしてみました。

  5. 長沼フートピア公園の桜

    個別に色を調整するHSL/カラーパネルの使用方法-Adobe Lightroom Classic CC

  6. Adobe Lightroom 桜のレタッチ完成写真

    RAW現像 桜の花を美しいピンク色にレタッチ-Adobe Lightroom Classic CC

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。