青麻神社 災厄を払う夏越の祓 茅の輪くぐりの日程や作法|宮城県仙台市

青麻神社 茅の輪くぐり

宮城県仙台市岩切の青麻神社は、日月星の三光神を祀る神社で、日本全国にある青麻神社・三光神社の総本社となっています。この青麻神社で毎年6月下旬に行われるのが夏越大祓 茅の輪くぐりで、茅(ちがや)という草で編んだ輪をくぐり半年間の罪や穢れを祓う儀式の一つです。

夏越の祓 茅の輪くぐり

日本では古来から、日々生活をしていると、様々な罪や穢れが生じると考えられていて、茅(ちがや)という草で編んだ輪をくぐり罪や穢れを祓う大祓が行われてきました。
年間を通して2回行われる場所があり、12月末に行われるのが「年越の祓」(年越大祓)と言い、6月の末日に行われるのが「夏越の祓」(夏越大祓)と呼ばれています。
青麻神社 茅の輪くぐり
茅の輪くぐり(ちのわくぐり)とは、神社境内に立て掛けられた茅(ちがや)の輪をくぐる事で、身を清めて災厄を払い、無病息災や厄難消除・開運厄除などにご利益があるとされています。
これは、「夏越の祓(なごしのはらえ)」という儀式で行われるものであり、主に6月の晦日に行われて、1月1日から6月末までの穢れを祓って無事に過ごせたことに感謝し、残りの半年間を健康に過ごせるよう祈る儀式です。
7月になってしまうとできないのかと思ったのですが、青麻神社では7月中旬も行われていましたので、多少期間が過ぎても大丈夫なようです。

青麻神社 茅の輪くぐり
茅の輪くぐりの作法は、この看板にあるように左回りにくぐってから8の字を描くように右回りでくぐり、もう一度左に回ってから神前に進んで参拝をします。
神社によっては跨ぐ足の向きがあったり神拝詞(となえことば)があったりしますが、青麻神社の茅の輪くぐりには無いようです。

様々な人がくぐった茅の輪には罪や穢れが宿るため、茅を持ち帰ったりするのは穢れを持ち帰る事になるのでタブーとされています。「茅の輪」を「知の輪」とあやかっている民間信仰もあるようですが、それは誤りで、くぐって参拝するだけ、それが正しい作法なのです。

青麻神社 夏越茅輪くぐり 日程や交通アクセス情報

住所 東北地方/〒983-0821 宮城県仙台市宮城野区岩切青麻沢32
日程 2020年6月晦日
駐車場 無料
交通アクセス 仙台北部道路 利府しらかし台から車で5分
マップコード 21 892 798*05
関連ウェブサイト 青麻神社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. SS30 展望フロアから眺める夜景

    SS30・住友生命仙台中央ビルから眺める仙台市街地の夜景|宮城県仙台市

  2. 南くりこま高原 一迫ゆり園|約200品種15万球の百合の花が咲く絶景|宮城県栗原市

  3. 北釜防災公園 児童遊具と飛行機

    北釜防災公園 | 仙台空港で離着陸する飛行機が見れちゃう多目的公園 | 宮城県名取市

  4. 事件発生現場写真

    宮城県富谷市東向陽台で発生した器物損壊事件の被害届提出について

  5. 鹽竈神社 表参道 随身門 ライトアップ

    しおがまさま 神々の月灯り | 志波彦神社・鹽竈神社ライトアップイベント | 宮城県塩釜市

  6. 仙台空港 展望デッキから眺める夜景とANA ボーイング767

    仙台空港 展望デッキから一望できる飛行機と美しい夜景|宮城県名取市

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。