安全にHDDを復旧!データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardが凄すぎた!

EaseUS Data Recovery Wizard Pro

パソコンを使用して写真や動画の編集や保存を繰り返すクリエイターなどでも、データを誤って削除してしまったり、ハードウェアのトラブルや故障が原因でハードディスクなどの記録メディアが読み込めなくなってしまった方も多いのではないでしょうか?そんな時に安全にデータを復元できるオススメ データ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizardをオススメする理由や使用方法を紹介します。

データを読み込めなくなってしまう原因

故障したハードディスク
写真や動画を保存している記録メディアが突然読み込めなくなってしまったり、正常に動作していたはずのハードディスクが突然パソコン側で認識してくれなくなってしまうトラブルが起こってしまった。なんて話を時々耳にしますが、私が保管していたハードディスクもOSのクラッシュやマザーボード等の故障が原因で、使用できなくなってしまったハードディスクが6本もありました。

この中の2本は、RAID10(ミラーリング+ストライピング)で使用していたドライブのスペアとして使用している物であったり、システム入れ替え時に不要になって省いたドライブであったりするのですが、残りは完全にパソコン側で読み込めなくなってしまったハードディスクばかりです。

この中で一番重症だったハードディスクは、ある日突然ファイルシステムがRAWとなってしまい、パソコン側からは完全に認識されなくなってしまいました。
その後、復旧を試みようと完全無料のデータ復旧ソフトを使用してデータの復元とパーティションテーブルの修復を行っていたのですが、これが仇となってしまい、さらに症状は悪化してしまったのです。

私の場合は、マザーボードのサポートが終了した古い自作パソコンを使用していたので、最新のWindows10に対応したBIOSやデバイスドライバーが無い状態で運用していたのもあったのですが、ハードディスク等のストレージ関連の異常がとにかく多かったのです。

トラブルが増加した2019年の夏にシステムを総入れ替えしたのをきっかけに、取り外したハードディスクからデータを救出するために何を使えば良いかと考えていたのですが、データ復旧業者に出すのも高額になってしまいますし、以前経験した症状を悪化させてしまうトラブルもあったので完全無料のソフトウェアは怖いとも思っていたのですが、そんな時に出会ったのが、インターネットやブログ上でも評判が良いEaseUS Data Recovery Wizardというデータ復旧ソフトだったのです。

EaseUS Data Recovery Wizardのインストール

EaseUS Data Recovery Wizardのインストール
EaseUS Data Recovery Wizardのインストールは、インストーラーを立ち上げたらEaseUSソフト利用許諾契約の条項に同意するチェックを入れて今すぐインストールをクリックするだけです。
インストールする時も、無料ソフトにありがちなセキュリティソフトや不要なタスクバーが一緒にインストールされる事もないので、上記の2つの操作だけで簡単にインストールが出来ます。
インストールが完了しましたと表示されたら、今すぐはじめるをクリックするだけです。

EaseUS Data Recovery Wizardの体験版
このまま体験版を使用するのも良いですが、何も異常が無いと思っていたCドライブに存在していた謎の紛失パーテイションと、今回6本のハードディスクを読み込ませる都合もあったので、どのプランにするべきなのか考えましたが、製品ページには丁寧にサポート内容が記載されていたのです。

Free(WindowsMac) Pro(Windows / Mac) Tech (Windows / Mac)
復元可能なデータ量 2GBまで 無制限 無制限
削除・フォーマットしたデータの復元
削除・非表示・紛失・RAWになってしまったろしたパーテイションからのファイル復元
年中無休のテクニカルサポート 無し
無料アップグレード 無し ○(永久無料アップグレード) ○(期間中に無料アップグレード)
利用許諾ライセンス 1PC用のライセンス 無制限に利用可能なライセンス
商用利用可能 無し 無し あり
価格 無料 8,900円から 35,580円から

2GB以上のファイルを復元する予定が無ければ無料版でも良いのですが、私の場合は無料版でスキャンしただけでも、次々と大きな破損ファイルが出てきたので迷わずPro版を購入しました。
有料版を使用する場合は、上のライセンス認証をクリックして購入時のライセンスコードを入力します。

EaseUS Data Recovery Wizard Proの使用方法


RAWになってしまったデータの復旧

RAWになったハードディスク
RAWになったハードディスク
ハードディスクのファイルシステムがRAWになってしまった場合は、利用可能なドライブとして認識されていないので、空き容量やドライブの容量が表示されません。
これをディスクの管理(Windowsのスタートアイコンを右クリック)で表示すると、ディスク2が正常であるとマークされているのに、ファイルシステムがRAWとなってしまって、正常に認識されていない状態なのです。

EaseUS Data Recovery Wizard Pro
EaseUS Data Recovery Wizard Proを起動させると、RAWになってしまったハードディスクは、紛失パーテイションとして認識されていました。このドライブを選択して右下のスキャンをクリックするだけです・・。

たった、これだけでいいの??って不安に思うかもしれませんが、ソフトウェアがドライブの状態を認識してくれるので、特別な操作も必要ありません!
パソコンの初心者でも簡単に扱えるのも、このデータ復元ソフトをオススメする理由の一つなのです。

紛失パーテイションのスキャン
スキャンをクリックすると、次々と見えていなかったファイルが表示されて、1TBのHDDであれば、だいたい2時間ぐらいでファイルのスキャンが完了しますので、復元ソフトの中ではかなり早い部類に入るのではないかと思います。
データリカバリーウィザードを使用して、初めてこのハードディスクの中身が認識できたのですが、撮影した動画や写真のデータ、ダウンロードしたアプリケーションなどが保存されていたドライブだったようです。
復元可能なデータは、復元候補に表示されるのでそちらをクリックしてみましょう。

動画データの復元
写真やファイルサイズが大きなハイビジョン動画のデータも見事に復元されていました。
DNxHRやApple Proresなどのファイルサイズが大きな4K映像も保存していたのですが、復元候補に表示されているデータはこのハードディスクに保存していたデータの100%だったのです!

せめて半分ぐらいでも取り戻せれば良いかなと諦め半分で考えていたのですが、紛失したデータが一つも無かった事に驚きました。

Adobe Lightroomでデータ読み込み
リカバリーに成功したデータを一つずつ見ていくのは大変なので、写真編集ソフトのAdobe Lightroom Classicを使用して読み込んだのですが、こちらでも全ての写真・動画データが正常に表示されています。
動画ではM2TS(Mpeg2トランスポートストリーム)やMP3・MP4、ファイルサイズが大きくてコンテナ形式が特殊なApple ProresやAvid DNxHRなどのMOVファイルをはじめ、写真データでは、PNGやJpeg、ソニーやニコンのRAWデータであるARWやNEFファイルまで完全に復元されていました。

他のデータも一通り見てみたのですが、EaseUS Data Recovery Wizard Proは、世の中にあるほとんどのファイル形式に対応しているのではないかと思います。

削除やフォーマットしてしまったデータの復元

削除やフォーマットしたデータの復元
ハードディスクから削除してしまったりフォーマットしてしまった後に、やっぱり必要なデータだった・・、って時には既に手遅れなんて思っている方がほとんどであると思いますが、これもEaseUS Data Recovery Wizard Proを使えば復元が可能です。
使用方法は、RAWになってしまったデータの復旧と同じで当該ドライブを選択してスキャンするだけなのです。

Adobe Premiereでデータ読み込み
リカバリーしたデータは全て1GB以上の4K映像データがほとんどですが、Adobe Premiere Proで読み込んでみると、10GBを超える大データでもピクセルの欠損や途切れなどもなく完璧に復元されていました。

フォーマットしてしまったSDカードからデータを復元する

フォーマットや削除してしまった写真の復元
元々全ファイルをストレージに移動していたので復旧する必要は無かったのですが、写真家やカメラマンが時々やってしまう、写真データの削除や初期化してしまったSDデータからの復元も可能なのか?実践してみました。
PCのOS上では、EOS DIGITALのSDカードだと認識していますが、写真データは一つもありません。

SDカードのデータ復元
最近使用していたカメラではなく、6年前に使用していたCanon EOS KISS X4という昔の一眼レフカメラで使用していたSDカードだったにもかかわらず100%の確率で復元ができました。
「無断で撮影したけど、削除したから大丈夫でしょ!」ぐらいではデータは復元できるので、物理的に破壊してしまう方が確実だと思うぐらい高性能なデータ復旧ソフトなのです。

SSDの復元率は100%でした。

SSDのデータ復元
SSDに限らずWindows10では外部ストレージを脱着した直後に保存してあるデータが読み込めなく現象が多発しているようです。
これはWindows10の標準機能である高速スタートアップが原因で、前回シャッタダウン時の構成を読み込んでしまうのが原因なようです。
高速起動をオフにしてしまえば良いのですが、アップデートの時に勝手にオンになってしまっていたなんて事もあるので気を付けて下さい。

このSSDは、外部ストレージとしては認識されていたものの、データが全く読み込めない状態になっていたので、このデータ救済ソフトで復元を試みてみたのです。

その結果、見事に復元率100%で5GBから10GBクラスほどのファイルサイズが大きい動画データを読み込む事ができました!

データ復旧が見込めない症状

データ復旧が見込めない故障
凄く高性能なデータ復旧ソフトなのですが、残念ながら復元が不可能となってしまう可能性も少なからずあるようです。
物理的な故障や水没などで、不良セクタが大量にあり、ハードディスクの読み書きが正常に出来ない状態である場合は、どのデータ復旧ソフトや業者を使用してもハードディスク自体を修理しない事には復旧が見込めないようです。
今回のパターンでは、正常に読み込めた可能性があるストレージをフリーソフトが破壊してしまったのが一番重症だったので、やはり安全を買うという意味ではEaseUS Data Recovery Wizardがベストな選択となるのではないでしょうか。

まとめ

簡単な操作だけで、読み出せなくなったデータを復元する事が出来る上に、イーザスソフトウェアでは、返金保証やセキュリティ保障・さらに24時間対応の技術サポートも行っているそうですので、安心と安全までセットで付いてくるのは凄くお得なのではないかと思います。
ほんの少しだけ使用する方のための1ヶ月ライセンスや、1年間使用可能な1年間ライセンス、さらに無料アップグレードにまで対応している永久ライセンスの3つのプランが用意されています。
動作環境やシステム要件などを記載している公式ホームページを一読してから試用して、万が一の事態に備えてみてはいかがでしょうか?

EaseUS Data Recovery Wizard for Windows版 製品ページ
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac版 製品ページ

こちらの記事もオススメかも

  1. SmallRig Matte Box

    コスパ最高!雨対策とハレーション対策にSmallRigの軽量マットボックスのレビュー

  2. fcl.LEDバルブをイエローで点灯

    フォグランプをfcl.(エフシーエル)イエロー・ホワイト2色切り替えLEDバルブに交換したのでレビュー

  3. ブレーキキャリパー塗装後の仕上がり

    錆びたブレーキキャリパーを耐熱チタンカラーに綺麗に塗装する方法

  4. 白猫の写真

    地震でストレスを感じた猫にマタタビを与えるのは効果的だった

  5. ELECOM トラックボール HUGE 無線タイプ

    マウスより快適な操作感!エレコム トラックボールHUGEのレビュー!写真動画編集にもオススメ!

  6. Amazonベーシック 光ファイバーケーブル HDMI

    Amazonの長距離HDMI光ファイバーケーブルで動画を伝送できるかレビュー!遅延や不具合は?

  7. 只見線第一橋梁でのレンズヒーターテスト

    CoowooのUSB電源カメラレンズヒーターで結露や曇り対策をしたので購入後のレビュー

  8. USB接続外付けストレージ、SSD?HDD?どの製品を選ぶべきなのか?

    USB接続外付けストレージ、SSD?HDD?どの製品を選ぶべきなのか?

  9. ZEETEX WH1000 トレッドパターン

    そこそこいいかも? コスパ最強輸入スタッドレスタイヤ ZEETEX WH1000のレビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。