明瞭度・かすみの除去・彩度と自然な彩度の違い-Adobe Lightroom Classic CC

箱根神社

Adobe LightroomやPhotoshopでRAWデータを現像する際に、被写体のディテールをクッキリさせたい時や、霧や朝モヤなどで被写体が霞みがかっている時に使用する明瞭度とかすみの除去、そして自然な彩度と彩度の違いについて解説いたします。

明瞭度・かすみの除去・彩度を学ぶ

外観 明瞭度について

Adobe Lightroom 明瞭度
明瞭度は、画像にメリハリをつけてシャープな印象に仕上げたり逆に柔らかい印象に仕上げたりするような機能で、プラス方向にスライダーを動かすとクッキリと硬い印象に、マイナス方向に動かすと柔らかくふんわりとしたイメージに仕上がります。
この機能の仕組みがなかなか理解できず、色々Photoshopで試してみて、近い写真が出来上がったのが下の画像です。

明瞭度 Photoshop&Lightroom
似たようなヒストグラムになるようにPhotoshopで色々と調整していたのですが、最終的に近くなったのがこの写真で、少し暗部の締まりが悪くなってしまった以外はだいたい同じヒストグラムになったと思います。

Photoshopでの明瞭度Photoshop アンシャープマスク
編集に使ったのは、色調補正のシャドウ・ハイライトとフィルターのアンシャープマスクで、他のエフェクトも試してみたのですが、最終的に他の写真でもLightroomの明瞭度に近い写真になったのが、上の2つの調整です。
シャドウ・ハイライトでは、シャドウと中間調を調整して暗部からハイライト手前までのヒストグラムをLightroomの明瞭度に近い形にして、ハイライトから白レベルにかけてはアンシャープマスクをかける事によって明瞭度をかけたような写真に仕上がりました。

下の写真では同じ操作で、ほぼ完璧と言えるぐらいに仕上がっています。
明瞭度 Photoshop&Lightroom
結果的には、Lightroomの明瞭度はPhotoshopのシャドウと中間調の調整と、アンシャープマスクを一括でかけているのではないか?と思います。
例えば、Blackmagic Designの動画編集ソフトDaVinci Resolveでは、ミッドトーンブーストと呼ばれる項目がAdobe製品の明瞭度にあたるため、中間調を調整しているというのは間違いでも無さそうです。

外観 かすみの除去

Lightroom かすみの除去
風景写真などで、朝モヤだったり霧がかかてしまった事が原因で霞んでしまった写真の霞を除去する機能で、クリエイティブクラウド版のAdobe Lightroom CCに搭載しています。
極端な使い方をすると色調が変わってしまったりするので、私の場合はほとんど使用してないのですが、かすみの除去を他の機能で代用してみても、再現はできませんでした・・・。

かすみの除去を再現
似たような形ですが、下の画像のように露光量やコントラスト、ハイライトを下げて白レベルを極端に上げる過度な調整をしたら似たような形になりましたが、むしろかすみの除去より強力に効いてるような気もします。

かすみの除去
でも、空の色の色相が変わってしまうあたりとか霞の取れ方がすご~く似ているような感じなんですよね。他も色々試してみたのですが、この調整が一番近かったのではないかと思います。

外観 彩度と自然な彩度の違い

意外と使い方がわからない彩度と自然な彩度の違いを解説します。彩度と自然な彩度は何が違うのか、どんな色の変化をするのかを以下で検証していきます。
ベースとなるのは下のカラーチャートですが、ここからどのような変化をするのかを彩度・自然な彩度共に50刻みで比較してみました。

カラーチャート 彩度0 自然な彩度0
彩度と自然な彩度共に0なので、当然ですが上下共に同じ彩度となります。

彩度・自然な彩度-100
上が彩度-100で下が自然な彩度-100です。自然な彩度の方が色が残っていて下げ幅がとても狭くなっているのですが、色別で明るさが違うのは元から色の明度がそれぞれ違うからです。

彩度・自然な彩度-50
上が彩度-50で下が自然な彩度-50です。両方共に色が出てきましたが、彩度-50の方のブルーとレッドの色が深く、逆にイエローやオレンジの色が浅くなっています。

彩度 自然な彩度+50
上が彩度+50で下が自然な彩度+50で、両方ともにかなり色がギトギトした感じになってきました。特にイエローは上下差は少なくなっているのですが、ブルーやレッド・パープルの彩度と共に明るさが変わり自然な彩度の方がより深くなっているようです。

彩度・自然な彩度+100
彩度・自然な彩度共に+100となりますが、ここまで来るとかなり差が出てきたのではないかと思います。今まで必ず差があったグリーンとアクアに上下差は無くなりましたが、ほかの色は彩度と共に明るさもかなり変わったのではないのではないでしょうか?特にブルーとレッドに関しては明るさにかなりの差が出ていると思います。

自然な彩度と彩度の比較
最初からこうしておけば良かったのですが、上側が彩度で下側が自然な彩度となっていて、色によって明るさのコントロールも全く違っています。
特に違いが大きいのは青系の色で、彩度の場合は明るくなっているのですが自然な彩度では逆に暗くなっています。黄色やオレンジ色などの肌の色に近い色は濃くなりすぎない傾向にあるので、彩度と自然な彩度をうまく組み合わせれば写真の雰囲気もガラッと変わるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. Adobe Lightroom レンズ補正と変形機能を活用する

    レンズ補正と変形を使いこなして歪みのない写真に仕上げる-Adobe Lightroom Classic CC

  2. log-grade

    映像撮影におけるRAWとLogの違いとは何か?

  3. Adobe Photoshopのハイパスフィルターを使ってシャープ感のある写真にレタッチ!

  4. 名取市の山の中の道路

    雨が続く季節も写真を楽しむ方法-雨の日しか撮影できない風景写真を撮ろう!

  5. 長沼フートピア公園の桜

    個別に色を調整するHSL/カラーパネルの使用方法-Adobe Lightroom Classic CC

  6. 仙台城と仙台市内の夜景

    デジタル一眼レフカメラ Nikon D7500を購入して4ヶ月目の実写レビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 大曲の花火 春の章 フィナーレ花火

    2022年 大曲の花火 SPRING FESTA 春の章 世界の花火 日本の花火

  2. USB端子洗浄後のカメラ

    接触不良でUSB端子に接続したデバイスが認識しない場合の接点復活方…

  3. marching

    動画撮影にも使えるステレオ録音のマイクセッティング方法

  4. VSCシステムチェック警告灯点灯

    VSCシステムチェック表示・エンジン警告灯が点灯、故障かと思ったら…

  5. log-grade

    映像撮影におけるRAWとLogの違いとは何か?