RAW現像 桜の花を美しいピンク色にレタッチ-Adobe Lightroom Classic CC

Adobe Lightroom 桜のレタッチ完成写真

日本の春の風物詩と言えば桜ですが、よく見かけるソメイヨシノは特に白っぽく見える被写体なので、せっかくRAWで撮影したなら花びらがピンク色になるようにadobe Lightroom Crassic CCを使用してレタッチをしてみます。

RAW現像 春の桜を美しいピンク色にレタッチする

画像編集を始める前に

長沼フートピア公園の桜
日本の春の風物詩と言えば桜が有名ですが、せっかく撮影したのに何か物足りなく感じてしまう事もあるのではないでしょうか?今回は桜を美しいピンク色の花びらにして春らしい写真に仕上げるレタッチの方法を解説していきます。
まず大前提として適正露出と正しいホワイトバランスで撮影するように心がけなければなりません。RAWデータを現像する時にある程度は調整できたとしても、極力補正を少なくした方がレタッチした後の写真の品質も良いですし、同じ撮影設定であれば1枚RAW現像した後に、プリセットに保存して他の写真にも同じ設定が使えるようになるので、後々楽になります。
私の場合は、フォーカス以外はマニュアルで撮影をしていますので、同じ設定が続く時は現像時にプリセットに保存した設定を他の写真にも適用しています。それでは桜の花びらを桃色にレタッチする手順を説明していきます。

1,かすみの除去とスポット修正ツールを使用して画像のゴミを除去する

Adobe Lightroom スポット修正ツールとかすみの除去を使用してゴミを除去する
Adobe Lightroom Classicのかすみの除去を最大にすると、写真に写ってしまったセンサーダストを目立たせる事ができますので、拡大表示とスポット修正ツールを使用して一つ一つゴミを取り抜いていきます。この写真では空中を飛んでいた虫が大量に写っていたため、全て取り抜いていきました。

プロファイルとホワイトバランスを調節する

Adobe Lightroom ホワイトバランスとプロファイルを調節する
ゴミ取りが済んだら、次はプロファイルとホワイトバランスを調整しておきます。プロファイルによって微妙に色のバランスが違うので花びらがピンク色になりやすいプロファイルを選択して、色温度を山の雪が綺麗に見えるように調整しておきます。元々薄いピンク色だったのですが、雪の色に合わせて色温度と色かぶり補正をしたら、桜の花も白っぽくなってしまいました。

3.階調や外観と一緒にトーンカーブも調整して完成イメージに近づける

Adobe Lightroomの階調や外観を調整する
ヒストグラムを見ながら、階調や外観を調整していきますが、明瞭度を上げてしまうと硬い印象になってしまうので、マイナス補正した方が桜の花びらの柔らかさが表現できると思います。
この時にレンズ補正もオンにしておかないと、周辺減光が修正された後に白飛びしてしまう部分が出てしまう場合があるので気を付けて下さい。
色かぶり補正も、雪の色に違和感が出ない範囲で少しずつプラス側にスライダーを動かして花がピンク色になるように調節しておきましょう。

4.HSL/カラーを調整して全体の色を整える

Adobe LightroomでHSL/カラーで色を整える
HSL/カラースライダーを調整してさらに色を追い込んでいきます。桜の色をマゼンタ寄りにしておけば、パープルとマゼンタの項目で調整できるようになります。ここでは、空の色と雪の色が綺麗に見えるようにブルーを主に調整しておきましたが、後でマゼンタとパープルを調整して桜の色がピンク色に近付くようにしています。
このHSL/カラースライダーは、変更予定の色がある程度の色域を外れるとスライダーを動かしても色が変わらなくなるので、色温度や色かぶり補正を微調整しながらHSL/カラースライダーで調整すると上手くいく事があります。
色のついた物はこれで調整できますが、白やグレーなどの無彩色は調整できないので、ご注意を!

5.シャープとノイズ低減を使用してディテールを仕上げる

Adobe Lightroomでディテールを仕上げる
かすみの除去や明瞭度を補正していくとノイズが目立ってきますので、ノイズ低減でざらついた写真を滑らかに仕上げます。この時にシャープも調整するとくっきりとした写真に仕上がります。Altを押しながらスライダーを動かすと、どの程度補正されているかわかりやすくなります。

6.完成写真

Adobe Lightroom 桜のレタッチ完成写真
元画像から見ても写真の雰囲気がかなり変わったのがわかると思いますが、桜の花びらはピンク色になり元々霞んでいた青空はかなりクッキリとして明るく爽やかな印象になりました。
この画像加工の仕方で重要なポイントは、ホワイトバランスの調整とHSL/カラースライダーの組み合わせ方次第で色が調整される範囲が変わってくる所なのではないかと思います。この調整方法はPhotoshopのCamera Rawフィルターでも同じことができますので、是非実践してみてはいかがでしょうか?
番外編となりますが、Photoshopの色調補正/特定色域の選択を使うと、さらに追い込めるようです。

この記事に使用した桜の花は、宮城県登米市でオランダ風車が目印となっている長沼フートピア公園の桜です。
アスレチックや長いローラー滑り台もある公園で、季節を問わず親子で楽しめる外遊びスポットになっています。夏には長沼花火大会や長沼ハスまつりも行われる観光名所なので、是非訪れてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. 名取市の山の中の道路

    雨が続く季節も写真を楽しむ方法-雨の日しか撮影できない風景写真を撮ろう!

  2. Adobe Lightroom CC 補正ブラシを使用して一部分だけ明るさを変更する

    補正ブラシを使用して部分的に明るさを変える-Adobe Lightroom Classic CC

  3. Adobe Premiere Pro オートリフレーム シーケンス

    2019年11月にリリースしたAdobe Premiere Pro V14.0の新機能をテストしてみました。

  4. Reduse noise V5 適用後

    動画のノイズ除去ソフト Neat Videoが凄すぎた!|Adobe Premiere Pro

  5. Sony S-Log2 カラーグレーディング後の比較

    カラーグレーディング S-Log2ガンマの扱い方による仕上がりの違い

  6. Adobe Lightroom ノイズ除去

    シャープとディテール・ノイズ除去の使用方法-Adobe Lightroom Classic CC

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 格安トランペット B♭管

    初心者には入門用格安トランペットがオススメ!安いからこそのデメ…

  2. fuji

    富士フイルムX100VのPR動画炎上で感じる事。謝罪だけでは済まなくな…

  3. 特別支援学級のスキー教室に同伴して気付いた事

  4. 宮城県の雪まつり-青根温泉 雪あかりHDR合成

    雪景色と幻想的な2000個の雪灯篭が楽しめる青根温泉 雪あかり |宮…

  5. 宮城県のイベント やくらいSnow Fantasy 花火大会

    やくらいファミリースキー場で開催!やくらいSnow Fantasyと冬花火…