モダン プロファイルを使いこなす方法-Adobe Lightroom Classic CC

塩釜神社 Lightroomモダンの比較

Adobe Lightroom CCやPhotoshop CCのCamera RAW現像モジュールにモダンプロファイルが追加されましたが、このプロファイル機能がRAWデータから写真にするまでの仕上がりにどのような影響があるかをカラーチャートを使って検証してみました。

Lightroomのモダン プロファイルを使いこなす

はじめに

2018年4月にAdobe Lightroom ClassicやCamera RAWが大幅アップデートを行い、従来のAdobe RAWやカメラプロファイルの他に新たにCreativeプロファイルとしてアーティスティックやビンテージ・モダンなどが追加され、従来はサードパーティ製のプリセットを導入する事で利用可能となっていた機能が、最初からプロファイルとして使えるようになりました。

今回はこのプロファイルが写真にどのように作用するのかを検証してみようという企画を行いました。

カメラ人物

塩釜神社と桜 カメラ 人物
カラーチャート 標準

この写真を撮影した場所は、宮城県内でも有名な桜の名所でもある志波彦神社・鹽竈神社で、ソメイヨシノやシダレザクラではなく八重桜の一種である鹽竈桜がとても有名なお花見の名所となっています。RAWデータの現像にはAdobe Lightroomのカメラプロファイル 人物を使用してコントラストや露出の微調整を行いました。
この写真をベースにしてモダンの各プロファイルを適用していきたいと思います。

モダン01

塩釜神社の桜 モダン01
カラーチャート モダン01

モダン01プロファイルは全体的に彩度やコントラストが高くなったような印象で、ギラギラしたようなイメージの写真となります。元々明暗差が少ないようなシーンで使用した方が扱いやすそうなプロファイルであると思いました。

モダン02

塩釜神社 モダン02
カラーチャート モダン02

モダン02プロファイルは明暗差が強い時に扱いやすいプロファイルで、暗部は青みがかっていますが中間からハイライトにかけては肌色っぽい自然な色彩になります。カラーチャートでは青が紫色に変化しているのが特徴ですが写真には青の成分が少ないためか自然な色で仕上がりました。

モダン03

塩釜神社 モダン03
カラーチャート モダン03

モダン03プロファイルは写真全体がブラウンっぽい色になり、温かみのあるセピア調のような写真に仕上がります。夕景などを表現するのにも合いそうなプロファイルではないかと感じました。

モダン04

塩釜神社 モダン04
カラーチャート モダン04

モダン04プロファイルは暗部にブルー、中間からハイライトにかけては黄色味がかったような色調となるプロファイルですが、無彩色以外にはほとんど影響が無いようにも見えます。この写真では標準のプロファイルとの大きな違いはありませんでした。

モダン05

塩釜神社 モダン05
カラーチャート モダン05

モダン05プロファイルはハイコントラストで低彩度な写真に仕上がりますが、中間からハイライトにかけては温かみのあるセピア調の色彩に変化します。

モダン06

塩釜神社 モダン06
カラーチャート モダン06

モダン06プロファイルは、ビンテージプロファイルにもあったティール&オレンジのような写真となります。中間調で違和感が出るかと思ったのですが、そんなに気になるレベルではなく意外と自然な仕上がりとなっているようです。

モダン07

塩釜神社 モダン07
カラーチャート モダン07

モダン07プロファイルはモダン03と似たようなセピア調の写真に仕上がります。モダン03をベースに少々トーンカーブを変えただけのようにも感じました。

モダン08

塩釜神社 モダン08
カラーチャート モダン08

モダン08プロファイルもモダン07と似たようなセピア調ですが、こちらはトーンカーブの左側を持ち上げたようなローコントラストな写真に仕上がるようです。

モダン09

塩釜神社 モダン09
カラーチャート モダン09

モダン09プロファイルはシャドウを青っぽく、中間からハイライトにかけてはオレンジ色のような色彩になり、モダン08よりコントラストが高い写真に仕上がります。

モダン10

塩釜神社 モダン10
カラーチャート モダン10

モダン10プロファイルはシャドウが青っぽくなり中間からハイライトにかけてはオレンジ色っぽい温かみのある色彩となりますが、ほとんどの色には大きな変化がないようにも感じます。

まとめ

塩釜神社 Lightroomモダンの比較
基本的に自然なままのRAW現像を今まで行っていましたが、モダン プロファイルを使用してシネマ調やレトロ調などを表現してみるのも面白いかと思いました。以前はAdobe Lightroomに存在していなかったプロファイルですが、手軽にシネマ調やレトロ調など様々な写真にレタッチしやすくなってのではないかと思います。
是非この機会に使用してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. 長沼フートピア公園の桜

    個別に色を調整するHSL/カラーパネルの使用方法-Adobe Lightroom Classic CC

  2. Adobe Lightroom 段階フィルターを二重に適用する

    段階フィルターを使用して水辺の反射をウユニ塩湖のように表現-Adobe Lightroom Classic CC

  3. Adobe Lightroom プロファイル サンプル

    Camera Matchingプロファイルを使いこなす-Adobe Lightroom Classic CC

  4. Reduse noise V5 適用後

    動画のノイズ除去ソフト Neat Videoが凄すぎた!|Adobe Premiere Pro

  5. 仙台城の夜景 ティール&オレンジ

    明暗別色補正の使用方法 シャドウとハイライトの色調を変える-Adobe Lightroom Classic CC

  6. 仙台城と仙台市内の夜景

    デジタル一眼レフカメラ Nikon D7500を購入して4ヶ月目の実写レビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。