岩壁から熱湯が噴き出すV字型渓谷の絶景 小安峡大噴湯|秋田県湯沢市

秋田県湯沢市 小安峡の絶景

秋田県湯沢市の小安峡大噴湯は、皆瀬川上流にあるV字型の峡谷で、高さ60mの断崖絶壁と自然が織り成す絶景が楽しめます。また遊歩道を降りると100度近い蒸気が岩壁から噴き出す珍しい光景も観賞出来ます。

小安峡大噴湯-熱湯が噴き出すV字型渓谷の絶景

小安峡大噴湯について

秋田県湯沢市の小安峡は、雄物川の支流である皆瀬川の水流が刻んだ高さ60メートルにもなるV字型峡谷と自然豊かな景色が見どころとなっている観光スポットで、秋には紅葉の名所としても人気があります。
また小安峡には遊歩道が整備されていて、長い階段を下ると高さ60メートルの岩壁から高温の蒸気が轟音と共に噴き出す「小安峡大噴湯」まで行く事が出来ます。
何故小安峡では高温の蒸気が噴き出しているのか?
それは通常マグマだまりなどの地熱によって熱せられた地下水は地熱貯留層と呼ばれる部分に蓄えられますが、小安峡大噴湯では地熱貯留層の亀裂が露出していてそこから高温の蒸気が噴き出すという世界でも珍しい地形である事が要因となっているのだそうです。

小安峡大噴湯の入り口は2か所

小安峡大噴湯の入り口(駐車場側)

小安峡へ下る階段は小安峡大駐車場正面の入り口と上流の兼子商店側の2か所にあり、どちらからでも遊歩道に降りる事が出来ますが、上流側の方が長くて急な階段となっているので、そちら側から降りて下流側から登のが楽ですです。

どちらから入るにしても、信号の無い見通しの悪い道路を横断しなくてはいけないので、往来する車両には気をつけなくてはいけません。

自然の中を進む階段がどこまでも続きます

小安峡大噴湯 駐車場側の遊歩道入口
前述していましたが、小安峡大駐車場側の遊歩道入口を進むと長い階段が続きます。比較的緩やかな階段なのでこちらを上りにした方が楽なのですが、上の写真のように下流側から降りてしまいましたので、後々地獄を見る事になります。

皆瀬川沿いに続く遊歩道

小安峡大噴湯 皆瀬川沿いの遊歩道
遊歩道を降りると高さ60メートルの断崖絶壁と穏やかな流れの皆瀬川沿いに遊歩道が整備されていて、川の流れや岩壁から蒸気が噴出している風景を眺めながら散策する事ができます。

轟音と共に噴き出す蒸気は98度の高温です。火傷に注意!

小安峡大噴湯 岩壁から噴き出す蒸気
轟音と共に岩壁から98度にも達した高温の水蒸気となった源泉が噴き出しています。離れた場所では熱さを感じませんが、岩壁の湯溜りに手を入れるとかなり熱く感じますのでご注意下さい。写真を撮ろうとするとカメラのレンズが一瞬で曇ってしまうのでご注意を!

下から河原湯橋を見上げると峡谷の深さを感じます

小安峡大噴湯 河原湯橋
階段を下りている時点ではあまり深さを感じないかもしれませんが、小安峡大噴湯の上を見上げると、小安峡大駐車場正面入口と上流の兼子商店側入口の中間地点にある河原湯橋が見えて、地上から遊歩道のある川沿いまで続く岩壁の深さを感じられます。

河原湯橋からは小安峡の絶景も眺められる

秋田県湯沢市 小安峡の絶景

小安峡に架けられている河原湯橋からは、小安峡全体の景色も眺められます。秋には紅葉が美しい絶景スポットですので是非一度訪れてみてはいかがでしょう?
交通手段はほとんど無く、湯沢駅からバスで70分もかかります。アクセスが良い場所とも言えない場所である上に、宮城から小安峡に抜ける際は冬季通行止めとなるので、小安峡温泉への宿泊とセットで行くことを考えても良いかもしれません。

秋田県 小安峡の長い階段
何故上流側の階段から降りた方が良いのかという答えですが、下流側に比べるとかなり長い階段が待ち構えています。特にアラフォー以上はかなりきついと思うので気を付けて下さい・・。

小安峡大噴湯の映像

小安峡大噴湯の紅葉 秋田県湯沢市小安峡温泉の風景
2020年に撮影した紅葉の映像です。

小安峡大噴湯 所在地や交通アクセス情報

所在地 東北地方/秋田県湯沢市皆瀬湯元5-1
時間 24時間
駐車場 無料
交通アクセス JR 奥羽本線 湯沢駅からバスで70分
マップコード 656 004 831*04
関連ウェブサイト 湯沢市観光物産協会

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は公式ホームページ等でご確認下さい。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. 北日本花火興業 デリバリー花火

    記念日や思い出作りに個人でミニ花火大会が開催できる大曲のデリバリー花火

  2. 秋田県大仙市 払田柵跡(ほったのさくあと)

    払田柵跡(ほったのさくあと) | 謎を秘めた日本の古代城柵遺跡 | 秋田県大仙市

  3. 宮城県仙台市 仙台大観音

    圧倒的存在感を感じる仙台大観音の内部を潜入してみた!|宮城県仙台市

  4. 岩手県一関市の観光名所 厳美渓

    厳美渓(げんびけい)|空飛ぶだんごやダイナミックな景観が楽しめる観光名所|岩手県一関市

  5. 福島県 白虎隊自刃の地

    戊辰戦争が生んだ悲劇 白虎隊最期の地。飯盛山白虎隊十九士の墓|福島県会津若松市

  6. 福島県 塔のへつりの風景

    塔のへつり|100万年かけて作り上げられた自然の渓谷美|福島県下郷町

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。