警察資料館|日本唯一の警察関係資料を展示した旧登米警察署|宮城県登米市

宮城県登米市 警察資料館

宮城県登米市にある警察資料館は、明治22年に洋風を取り入れて木造二階建てで建築した旧登米警察署の庁舎を復元し、明治中期の警察署内の様子までもが再現された日本唯一となる警察関係資料を展示した資料館として昭和62年に開館しています。

警察資料館の概要

宮城県登米市 警察資料館
宮城県登米市登米町(とめしとよままち)に所在する警察資料館は、明治21年に金成警察署登米分署から登米警察署に昇格した事に伴い新築し、明治22年に落成した庁舎を復元した資料館です。
旧登米高等尋常小学校校舎(現・教育資料館)を手掛けた山添喜三郎氏が設計し、警察署とは思えないような洋風を取り入れた木造二階建てのお洒落なデザインをしている建築物で、これは宮城県の有形文化財にも指定されています。
昭和43年に登米警察署の新庁舎が落成し、警察庁舎としての役目を終えると登米町商工会が入りますが、昭和61年に商工会が移転すると共に復元工事を行い、旧登米警察署着工から100年後となる昭和63年(1988年)に警察資料館として開館しました。

警察資料館の白バイとパトカー
中に入ると昭和の白バイやパトカーなども展示されています。
展示されているパトカーは、実際に宮城県警察が使用していた通称スカイライン・ジャパンの愛称でも知られるC210型日産スカイラインを展示していて、日本で現存する警らパトカーとしては最も古い車両であるようです。
白バイにも乗る事はできますが、老朽化などの問題もあり乗れるのは小学生以下までとなっています。

登米市 警察資料館の所長室そのすぐ隣には、復元した署長室も展示されています。
もっと奥の方にあるものだと思ったのですが、意外と入口近くにあるものなのですね。
現在もそうなのかどうかはわかりませんが、出来れば一生警察のお世話にはなりたくないものです(笑)

登米市 警察資料館の二階展示室階段を上った先にある二階には、明治時代から昭和にかけての貴重な資料や実際に使用していた警棒など、ここでしか見る事のできない貴重な資料が展示されています。
とてもお洒落なバルコニーのドアは開いているのですが、残念ながら外には出れないようですね。

登米市 警察資料館の一階展示室

当直室などを再現した一階部分にも現在までの活動記録など様々な資料や記録などが展示されています。
近年であれば、2011年3月11日に発生した東日本大震災の記録もあり、内陸部の警察署が行った活動についても知ることができます。

旧登米警察署の留置所
昭和61年以降の復元作業中に基礎部分を発見した事で留置所が存在していた事がわかり、当時の様子を再現して展示しています。
ちなみに「くさいめし」と言われるのは、衣食住とトイレまでもが一つの部屋の中で行う事が由来となっているのでご飯自体は臭くないそうですが、絶対にお世話にはなりたくはないですね・・(笑)

警察資料館の所在地・アクセス・料金情報

住所 東北地方/〒987-0702 宮城県登米市登米町寺池中町3
開館時間 9:30~16:30
入館料 一般300円・高校生200円・小・中学生150円
交通アクセス 三陸自動車道 登米ICから約6分
マップコード 105 829 725*05
撮影 撮影可
関連ウェブサイト みやぎの明治村 警察資料館

みやぎの明治村(教育資料館・警察資料館・水沢県庁記念館・登米懐古館・伝統芸能伝承館・高倉勝子美術館)の6施設を利用できるお得な6施設共通券もあります。登米懐古館の新築に伴い令和元年9月8日から新料金に改定されます。
一般 1000円・高校生 750円・小中学生 550円
どこも魅力的な観光施設ばかりなので時間があればこちらを購入した方がお得です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. 定禅寺通り SENDAI光のページェント

    SENDAI光のページェント | 定禅寺通りを照らす60万球のイルミネーション | 宮城県仙台市

  2. 白山島から眺める 由良海岸

    由良海岸と日本海に浮かぶ白山島の美しい風景|山形県鶴岡市

  3. 宮城県富谷市 志戸田の田園ランタン

    志戸田の田園ランタン祭り|幻想的なリサイクルランタンの光が灯るイベント|宮城県富谷市

  4. 湯野浜温泉から眺める夕陽

    湯野浜海水浴場|夕陽も美しい湯野浜海岸の風景|山形県鶴岡市

  5. 2018年 第3回楽天イーグルス花火大会

    2018年 第3回 楽天イーグルス花火大会

  6. 陸上自衛隊船岡駐屯地 ザ・フェスティバルinしばた花火大会

    ザ・フェスティバルinしばた-陸上自衛隊船岡駐屯地で開催する花火大会

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。