ひたちサンドアートフェスティバル 劇場型花火|茨城県日立市

ひたちサンドアートフェスティバル 劇場型花火

河原子海岸の海開きイベントとして毎年7月中旬に茨城県日立市河原子漁港で開催している「ひたちサンドアートフェスティバル」は、大型砂像やステージイベント、各種アトラクションが楽しいイベントです。フィナーレには野村花火工業㈱による音楽と花火が一体になった「劇場型花火」を観賞できます。

ひたちサンドアートフェスティバル

イベントの内容

毎年7月中旬日曜日に茨城県日立市の河原子海岸と河原子漁港で開催する「ひたちサンドアートフェスティバル」は、環境省選定の 『快水浴場 百選』に選ばれた河原子海岸の海開きイベントとして、2010年から毎年開催しています。
会場では世界の砂像アーティストによってこの日のために造られた巨大なサンドアート(砂像)が展示され、会場内に設置したステージでオープニングセレモニーを行うといよいよイベントの開始です。歌やダンスなどのステージイベントと共に20時以降まで次々とイベントが行われ、他には小型砂像体験・遊覧船クルージング・バナナボートなど、体験型アトラクションも楽しめます。

茨城県のイベント ひたちサンドアートフェスティバルの大砂像
毎年違ったテーマで作品を製作し、使用する砂の量は全体で数十トンにも達する大掛かりなもので、砂像の製作期間は土台作りも入れて約1ヶ月近くもかかるそうです。 近くで見ても砂とは思えないほどに精巧で芸術的な作品ばかりで、この日のために作り上げてきた世界の砂像アーティストの腕や技を身近に感じる事ができます。

野村花火工業㈱による劇場型花火

ひたちサンドアートフェスティバル 劇場型花火(野村花火工業)
ひたちサンドアートフェスティバルでは、夜の20時から河原子漁港の防波堤を使用した「劇場型花火」が行われます。この花火を担当する野村花火工業㈱は土浦や大曲の全国花火競技大会で連続優勝を果たしている茨城県水戸市の花火製造業者で、花火の総打ち上げ時間は約6分~7分で行われる、コンピューター制御で音楽と花火をシンクロさせたワイドミュージック スターマインが観賞できます。
花火の規模は1万発以上打ち上げられる花火大会のグランドフィナーレクラスとも感じられるほど見応えのあるもので、この花火のためだけでも必見の価値ありです。

会場で行われるアトラクション・ステージイベント・劇場型花火などの全てのイベントを楽しむには「絆リング」の購入が必要となります。腕に巻くことで入退場が自由となり、場内にあるアトラクションがすべて無料で楽しめるようになります。
料金は中学生以下が無料、一般前売り 1,500円・当日は2,000円、高校生は当日のみの販売で1,000円となります。

ひたちサンドアートフェスティバル 関連動画

2016年 ひたちサンドアートフェスティバル 劇場型花火

2014年 ひたちサンドアートフェスティバル 劇場型花火

2012年 ひたちサンドアートフェスティバル 劇場型花火

ひたちサンドアートフェスティバル 日程・交通アクセス情報

会場 関東地方/茨城県日立市河原子町 河原子海水浴場。河原子漁港
開催日時 毎年7月中旬
担当煙火店 野村花火工業㈱
入場料金 中学生以下無料、一般前売り 1,500円・当日2,000円、高校生は当日のみの販売 1,000円
駐車場 無し
交通アクセス JR常磐線 常陸多賀駅 下車
シャトルバス 約10分・徒歩約20分
マップコード 768 722 650*03
関連ウェブサイト ひたちサンドアートフェスティバル

この記事は、昨年実績の内容に基づいて執筆しています。最新の情報は公式ホームページ等をご参照ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. こうのす花火大会 鳳凰乱舞

    こうのす花火大会~重さ元世界一の記録を持つ四尺玉打ち上げ (埼玉県)

  2. 宮城県のイベント やくらいSnow Fantasy 花火大会

    やくらいファミリースキー場で開催!やくらいSnow Fantasyと冬花火!|宮城県加美町

  3. 袋田の滝 紅葉ライトアップ-四季を通して美しい日本三名瀑

    袋田の滝・四季を通して美しい日本三名瀑の紅葉ライトアップ|茨城県大子町

  4. 辰ノ口さくら祭り 花火大会 フィナーレ(野村花火工業)

    美しい桜と花火が楽しめる!辰ノ口さくら祭り 花火大会|茨城県常陸大宮市

  5. 宮城県富谷市市制施行3周年記念花火プロジェクト

    富谷市市制施行3周年記念 花火プロジェクト|宮城県富谷市

  6. 岩手県 錦秋湖湖水まつり花火大会

    錦秋湖湖水まつり|錦秋湖畔で5月に開催する花火大会!|秋田県西和賀町

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。