ブレーキキャリパーを耐熱チタンカラーに塗装してみました。

ブレーキキャリパー塗装後の仕上がり

以前ブレーキローターを交換した後の走行レビューを掲載していましたが、その時からずっとブレーキキャリパーの汚れと錆が気になっていました。いつかタイヤを交換する時に塗装しようかと思っていましたが、重い腰が上がらなかったり肋骨を痛めて動けなくなってしまったりしましたが、2021年も半分が過ぎた6月にやっとタイヤを交換する気になったので、その時に一緒に施工した耐熱カラーでのブレーキキャリパーペイントの事について記事にしました。

ブレーキキャリパーの状態について

DIXCEL ブレーキパッド M type
以前Dixelのブレーキローターとブレーキパッドの商品レビューをしましたが、その時からずっと気になっていたブレーキキャリパーの錆と汚れ・・
いつか塗装をしようかと思って耐熱ペイントと下処理用の道具一式を購入していましたが、タイヤ交換もなかなか気が進まず6月になってやっとやる気になりました。
さすが20万キロを超えると亜鉛メッキ部分が全く見えなくなって赤茶けたキャリパーがホイールの隙間から見え隠れしてしまいます。

キャリパー塗装の下準備

耐熱ペイントチタンカラー
耐熱塗料はエキゾーストパイプ用のチタンカラーを用意しましたが、キャリパー専用の塗料もあるのでお好みでどうぞ!
ネットで見ていてこの耐熱ペイントの色がすごく気に入ったので、これにしましたが、熱を入れないといけないひと手間がかかります。

今回の塗装で用意したもの
耐熱ペイント・・刷毛塗りとスプレータイプの2種類がありますが、仕上がりの美しさではスプレー式の方に軍配が上がります。その代わりにマスキングをしなくてはいけない手間がかかるので、刷毛塗りよりも余裕を持った時間を確保しておいた方が良いでしょう。

ワイヤーブラシ・・電動タイプのワイヤーブラシもありますが、極端に汚れていなければ手作業用の方が細かい部分の汚れや錆を落としやすく、ブレーキホースやダストブーツなどのゴム製品を傷つけなくて済みます。

スコッチブライト等不織布表面処理材・・紙やすりなどでも良いのですが、素材が柔らかいのでワイヤーブラシをかけた後の最終仕上げにちょうど良いです。

シリコンオフ・・油分や下処理をした後の粉末を除去するのに使用します。ブレーキパッドの周囲などに油分が残っている事があるので、これが無いと塗料を塗った後に弾きや剥がれの原因になってしまいます。

マスキングテープや新聞紙・・マスキングシートなどもありますが、ブレーキキャリパーの裏に新聞紙を滑り込ませた方が楽でした。


塗装と塗装前の下処理

ブレーキキャリパー塗装の下処理
一回目の塗装が終わった後の画像になってしまいましたが、ワイヤーブラシとスコッチブライトで錆や汚れを落としたらシリコンオフで残った汚れや油分を完全に落とします。
ブレーキキャリパーの隙間から見えているブレーキパッドやダストブーツなどのゴム部品をマスキングテープで養生します。
多少のはみ出しを気にしない人はブレーキキャリパーの隙間に新聞紙を滑り込ませて、動かないように適当にテープで固定をし、極力ローターやほかの部分に塗料が付着しないように繰り返し新聞紙を滑り込ませていきます。
ボディペイントのようにはみ出してはいけないというわけではないですし(そこまで見る人はいない)、ブレーキローターに付着しても大体の場所は剥がれ落ちるので神経質になりすぎなくても大丈夫です!

スプレーを吹きかける時は30センチほど離して薄く何度も繰り返すように往復するとムラが出にくくなります。乾きも早いようなので、一回目は垂れない程度にそこそこ厚く塗っても大丈夫でした。
10分程度乾燥させて2回目もそこそこ厚く塗り、10分ぐらい乾燥させたらムラを消すように薄く吹きかけます。
梨地が無くなるまで削ってから艶を出して塗っても良いんですけど・・純正形状のキャリパーで艶が出ているのもちょっとカッコよくないので艶を消すつもりで塗装しました。
ブレーキキャリパー塗装のムラ
最後に厚塗りしすぎるとこんな感じでムラが出てきますのでご注意を!


ブレーキキャリパー塗装後の仕上がり

ブレーキキャリパー塗装後の仕上がり
適当に貼ったマスキングを剥がすとはみ出しも気にならないぐらい綺麗に仕上がりました。
錆びて真っ赤になったキャリパーよりも全然綺麗なので、これで満足です!

ブレーキキャリパー塗装後
後は外したホイールを元に戻せば大丈夫なのですが、この後山道を走ってブレーキに熱を入れて乾燥させました(笑)
約140度で20分~30分ほど乾かさなくてはいけないみたいですが、触っても完全に乾いていたような気がするので多分乾いたんだと思います。
乾いていなくてもいつかは乾きますw

ホイールから覗くブレーキキャリパーの汚れが気になる人は是非チャレンジしてみてください!


デイトナ バイク用 耐熱ペイントスプレー(エキパイ用 600℃) /チタンカラー 300ml 68114

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. QING CAOQING 光ファイバーHDMI ケーブルの外観

    QING CAOQING 光ファイバーHDMI ケーブル 10mのレビュー

  2. トイストーリー4 フォーキーの作り方

    市販品だけ!トイストーリー4のフォーキーの作り方があるらしい

  3. ANDYCINE Vマウントバッテリーアダプタープレートのレビュー

    複数の電圧でカメラに給電可能なANDYCINE Vマウントバッテリープレートのレビュー

  4. ピカピカレインPremium

    車ボディー用硬化ガラスコーティング剤 ピカピカレインPremiumのレビュー

  5. ANDYCINE Vマウントバッテリーアダプタープレートのレビュー

    SmallRigの安くて高品質なカメラ用品やリグ、撮影用アクセサリーを紹介

  6. マザーボードとCPU交換 起動後

    故障した水冷自作パソコンをCore i7 8700とASUS ROG STRIX Z390-F GAMINGで再製作!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 大曲の花火 春の章 フィナーレ花火

    2022年 大曲の花火 SPRING FESTA 春の章 世界の花火 日本の花火

  2. USB端子洗浄後のカメラ

    接触不良でUSB端子に接続したデバイスが認識しない場合の接点復活方…

  3. marching

    動画撮影にも使えるステレオ録音のマイクセッティング方法

  4. VSCシステムチェック警告灯点灯

    VSCシステムチェック表示・エンジン警告灯が点灯、故障かと思ったら…

  5. log-grade

    映像撮影におけるRAWとLogの違いとは何か?