難攻不落の名城 鶴ヶ城天守閣(会津若松城跡) |福島県会津若松市

会津鶴ヶ城の天守閣

約一か月の攻防戦が繰り広げられた戊辰戦争を耐え抜き難攻不落の名城と呼ばれた、福島県会津若松市の鶴ヶ城(会津若松城跡)を紹介します。近年は桜の名所としても有名な観光名所となっており、アジア圏を中心とした訪日外国人や全国から訪れる観光客にも人気があります。

鶴ヶ城の歴史

会津鶴ヶ城の天守閣
時代は室町時代に遡り、至徳元年(1384年)に蘆名氏第7代当主 蘆名 直盛が鶴ヶ城の前身となる東黒川館を建造したのが始まりとされています。
その後の1542年頃になると16代当主となった蘆名 盛氏が伊北郷の山ノ内氏や猪苗代の猪苗代氏などを相次いで従えると、会津一円を支配下に収め戦国大名としての名を上げますが、その名声も長く続かず、蘆名氏が混乱の時期を迎えると奥州の覇権を狙っていた米沢の伊達政宗が摺上原の戦いで葦名義弘を破り、黒川城を去った葦名氏の代わりに伊達政宗が黒川城に入城しました。
しかし、豊臣秀吉の命令で、わずか一年余の支配で伊達政宗は会津の地を手放す事になり、宮城県の陸奥国岩手山城に移ります。

代わって黒川城に入城した蒲生氏郷が1592年から城下町の整備と共に黒川城の改築を始め、翌年には七層の天守閣を持つ城郭と城下町の建設が完了すると、町の名前を黒川から若松に改めて、城の名も鶴ヶ城と改めました。
現在の城の姿になったのは、蒲生氏が途絶えた後に入城した加藤氏の時代のころで、1939年に七層であった天守閣を五層に改築して西出丸、北出丸を増築しました。

鶴ヶ城の名が難攻不落の名城として全国に知れ渡ったのはその後に起こった幕末の戊辰戦争の時で、新政府軍の攻撃を受けて白虎隊などの予備兵を失った松平容保が孤立無援の中で籠城していましたが、城を取り囲んだ新政府軍の攻撃を受けながらも降伏するまでの1ヶ月もの間、会津鶴ヶ城は耐え続けたのだそうです。

鶴ヶ城の見どころ


鶴ヶ城の天守閣には、北出丸・西出丸、南口と東口から向かう事ができます。
東口には三の丸跡地に建設した福島県立博物館やNHK大河ドラマ「八重の桜」のモデルになった新島八重の像もあります。

鶴ヶ城廊下橋
会津鶴ヶ城の二の丸と本丸の間には濠があり、そこを跨ぐように鶴ヶ城廊下橋と呼ばれる朱色の橋が架けられています。
昭和44年に架けられた橋だったのですが、老朽化の影響で渡るのがとても危険な状態となってしまい平成30年に新しく架け直されました。

鶴ヶ城廊下橋
この橋の先には、難攻不落の名城と言われた鶴ヶ城の天守閣も見えるようになります。

会津鶴ヶ城 茶屋輪郭
鶴ヶ城の本丸にある茶屋麟閣(りんかく)は、千利休の子である少庵が建てたと言われる茶室で、福島県指定の重要文化財にもなっています。
ここでは拝観をするだけではなく、お茶を楽しむ事ができる場所ともなっており、定期的にお茶会も開かれているそうです。

鶴ヶ城の櫓跡 月見櫓
本丸内にある櫓のひとつで、櫓にかかる月が美しかった事から名付けられたのだそう。
現在は石垣しか残されていませんが、会津地方の桜の名所として知られるようになった鶴ヶ城の桜もとても美しく見える場所です。

鶴ヶ城 観光案内所
鶴ヶ城には軽食・喫茶コーナーが併設された観光案内所があり、ボランティアガイドによる案内の受付もここで行っています。

史跡・若松城址 鶴ヶ城天守閣
天守閣の内部は展示室と最上階は展望台となっていて、入場料を払えば誰でも自由に出入りする事ができますが、展示室内は撮影禁止などの制約がありますのでご注意下さい。
昭和40年に鶴ヶ城が復元されて以来、天守閣の屋根には黒い瓦が使用されていたのですが、平成23年春に幕末時代と同じ赤瓦に葺き替えて、日本唯一となる赤瓦を使用した天守閣となりました。

鶴ヶ城本丸の庭園
会津地方は積雪量の多い地域であるため、天守閣周辺に植えられている樹木は雪吊りが施されていましたが、2019年~2020年の冬はとても雪が少ないようで、雪化粧をした様子を見る事ができませんでした。
しかし冬以外にも、春に咲き誇る桜や秋の紅葉など見どころとなる季節やイベントもあるので、機会があれば是非訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

鶴ヶ城の関連動画

会津鶴ヶ城プロジェクションマッピングはるか 2015 あかべこものがたり
2015年3月19日~22日にかけて鶴ヶ城天守閣に映像を投影した3Dプロジェクションマッピングが行われましたが、2020年の開催可否は確認中です。

会津鶴ヶ城の所在地や交通アクセス情報

所在地 東北地方|福島県会津若松市追手町1−1
時間 午前8時30分~午後5時まで
料金 鶴ヶ城天守閣入場料金 個人大人410円 小人150円
駐車場 西出丸駐車場:普通者200台収容可
 東口駐車場:普通車129台収容可
 南口駐車場:普通車35台収容可
交通アクセス 磐越自動車道 会津若松ICから車で15分
JR磐越西線 会津若松駅下車 まちなか周遊バス鶴ヶ城入り口前下車
マップコード 97 261 147*10
関連ウェブサイト 会津若松観光ビューロー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. 宮城県でバードウォッチングならここ!伊豆沼の野鳥観察スポット|宮城県登米市

  2. 秋田県湯沢市 小安峡の絶景

    岩壁から熱湯が噴き出すV字型渓谷の絶景 小安峡大噴湯|秋田県湯沢市

  3. 奈良県大台ヶ原 大蛇嵓の絶景

    絶景を眺める日本の秘境100選 大台ヶ原山 東大台コース|奈良県吉野郡上北山村

  4. 富谷市民俗ギャラリー 中・近世コーナー

    富谷市民俗ギャラリー|富谷市の埋蔵文化財を展示する資料館|宮城県富谷市

  5. 山形県尾花沢市 銀山温泉

    銀山温泉|大正ロマンを感じるノスタルジックな温泉街の風景と夜景|山形県尾花沢市

  6. 大阪府の水族館 NIFREL

    NIFREL(ニフレル) | 水族館×動物園×美術館が融合したテーマパーク | 大阪府吹田市

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. BMPCC フォーカスコントローラー

    BMPCC4K/6KのフォーカスもBLUETOOTH接続で遠隔操作!610円の神スマ…

  2. BMPCC6KとキヤノンEFSレンズ

    RAWで動画が撮影できるシネマカメラ BMPCC 6K(Blackmagic Pocket Ci…

  3. 有料無料あり!動画制作向けの著作権フリー音楽素材ダウンロードサ…

  4. 小中学校で突然オンライン授業が始まったので、誰もオススメしない…

  5. NVMe M.2 SSD BIOSTAR M700-1TBの速度測定結果

    速い!格安!M.2接続NVMe SSD BIOSTAR M700 1TBのレビュー!UEFI BI…