USB 3.1?3.2?Genとは? 分かりにくいUSBの規格一覧と速度

USB端子の規格について

外付けストレージや周辺機器をパソコンに繋ぐためのUSB端子ですが、規格や端子形状が増えすぎて、とうとう分かりにくくなってきちゃいましたね。形が違うのであれば物理的に入らないけど、同じ端子形状で規格が違うのは本当に分かりにくいのです。この記事ではUSB端子の形状や規格についてまとめました。

分かりにくくなったUSB端子形状と規格の事

USBとは?

USBとは、ユニバーサル・シリアル・バス(Universal Serial Bus)の頭文字を取った名称で、パソコンに周辺機器などの外部機器を接続するためのシリアルバス規格の1つです。
例えば、カメラの撮影データを読み込む時や、外付けハードディスクを接続するときなどにも使用されてきていますが、互換性を保ったまま時代の流れと共にデータの転送速度向上やコネクター形状の変更が重ねられてきました。
この規格は、ヒューレット・パッカードや日本電気、マイクロソフト、Apple、インテルなどが加入しているUSBインプリメンターズ・フォーラム(USB-IF)が策定しており、現在に至るまでUSB 1.0から4.0までの規格やT様々な形状のコネクターが作られてきました。

USB端子形状と規格

USB Type-Cの登場までは、規格によって色が変えられていたり形状を変えていたりと、一目で分かりやすいように作られてきましたが、USB Type-Cの登場以降は、マイナーバージョンが乱立して分かりにくくなっているのです。

現時点で発表済みであるUSBの規格を以下の表にまとめました。

USB規格 転送速度 コネクタ形状 給電容量 発表年
USB 1.0 半二重 12 Mbps(1.5MB/s) Type-A Type-B Mini-A Mini-B Micro-A Micro-B 500mV 1996年1月発表
USB 1.1 半二重 12 Mbps(1.5Mb/s) Type-A Type-B Mini-A Mini-B Micro-A Micro-B 500mV 1998年9月発表
USB 2.0 半二重 480 Mbps(60MB/s) Type-A Type-B Mini-A Mini-B Micro-A Micro-B 500mV 2000年4月発表
USB 3.0 全二重 5Gbps(625MB/s) Type-A Type-B Micro-B Type-C 900mV 2008年11月発表
USB 3.1 Gen1 全二重 5Gbps(625MB/s) Type-A Type-B Micro-B Type-C 900mV 2008年11月発表
USB 3.2 Gen1 全二重 5Gbps(625MB/s) Type-A Type-B Micro-B Type-C 900mV 2008年11月発表
USB 3.1 Gen2 全二重 10 Gbps(1.25GB/s) Type-A Type-B Type-C 1000mA (USB PDは1.5A~3A) 2013年8月発表
USB 3.2 Gen2 全二重 10 Gbps(1.25GB/s) Type-A Type-B Type-C 1000mA (USB PDは1.5A~3A) 2013年8月発表
USB 3.2 Gen2×2 全二重 20 Gbps(2.5GB/s) Type-C 1000mA (USB PDは1.5A~3A) 2017年9月発表
USB 4 全二重 40Gbps(5GB/s) Type-C 1000mA (USB PDは1.5A~3A) 2019年9月発表

USB端子の種類と形状

 

コネクターについてはUSB 2.0のType-Aは白、USB3.0のType-Aは青など、同じコネクター形状でも一目で分かるようになっていましたが、Type-Cにおいては同じコネクター形状でも転送速度が違かったり、そもそも規格名称が違うだけで同じ規格であるなど、ユーザーを混乱させるような事が起こっているのです。

USB 3.0
USB 3.1 Gen 1 ← 従来のUSB 3.0のこと
USB 3.1 Gen 2 ← USB 3.1で新しく拡張
USB 3.2 Gen 1 ← 従来のUSB 3.0, USB 3.1 Gen 1のこと
USB 3.2 Gen 2 ← USB 3.2で新しく拡張(2レーン)
USB 3.2 Gen 2×2 ← USB 3.2で新しく拡張(2レーン)

Type-C端子で転送速度がUSB3.0同等であれば特に気にする事は無いのですが、NVMeをベースにした1GB/sを超える外付けストレージを使用する時などは、ケーブルの規格が違うだけで速度が出せないなんて事も起こりかねないのです。
ややこしい事にUSB 3.1 Gen 1からUSB3.2 Gen 2までは、最大の転送速度をパッケージに記載してもらわないと本当に分かりにくくなっているのですよね。

特に現在使用しているシネマカメラが外付けストレージでデータを保存するタイプなのですが、USB 3.1 Gen2(USB 3.2 Gen2)のケーブルを使用しないと収録中に停止してしまう事がある上に、ファームウェアのバージョンアップと共に変更が加えられたマニュアルにもUSB3.1と3.2の両方で記載してるので、覚えるのが大変だったのです。

そして家電量販店に行ってもUSBケーブルに記載している規格もバラバラで、しっかりとパッケージを読まないとUSB 2.0のType-Cケーブルを手にしてしまう事もあるので、注意が必要です。

また、機器側のUSB端子がType-Cでも、コントローラーが2.0って事もあります。

USB 4以降のマイナーバージョンの扱い

マイナーバージョンが乱立していて分かりにくくなっているのは、USBの規格を策定しているUSBインプリメンターズ・フォーラムも認識しているらしく、USB4以降のマイナーバージョンはUSB 4.×のような名称の付け方を止めて、新名称にする事を公表していたそうです。
USB 4: Everything We Know, Including Apple Support

正直もっと早く気付いて欲しかったけど。

USB 4.0のロゴ
その代わりに、USB 4ではバージョン番号を記載したラベルではなく、転送速度を記載したラベルをパッケージに付けるようにするらしい。
転送速度が重要な使い方をしている身としては有難い話ですが、果たしてこれが全ての人に伝わるかどうかは分からないですよね。

こちらの記事もオススメかも

  1. NiziU Light it Up宮城公演の会場のセキスイハイムスーパーアリーナ

    NiziUライブ Live with U 2022 Light it Upの宮城追加公演行ってきましたレポート

  2. 急速充電規格 USB PDとQC Power IQ の違いとは?

    USB 急速充電器のQCとPD、POWER IQの規格の違いと互換性

  3. マーチングバンド全国大会の会場 さいたまスーパーアリーナ

    第47回マーチングバンド全国大会 たくさんの感動をありがとう!

  4. マーチングバンド&バトントワリング東北大会

    2018年 マーチングバンド・バトントワーリング東北大会を終えて

  5. やらない方が良かったYoutubeSEO対策

    4年間検証してやらない方が良かったYoutubeのSEO対策

  6. 第46回 マーチングバンド全国大会

    第46回 マーチングバンド全国大会に行ってきました!

  7. タイ国際航空 エアバスA330-300

    タイ国際航空が10月から仙台空港に5年7か月ぶりの再就航!

  8. ウエルシア薬局で無料のPCR検査

    宮城県内で無料のPCR検査を受けられるらしい (22年1月)

  9. 1月17日に気象庁が津波予報(若干の海面変動)を発表 

    1月17日に気象庁が津波予報(若干の海面変動)を発表 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。