複数の電圧でカメラに給電可能なANDYCINE Vマウントバッテリープレートのレビュー

ANDYCINE Vマウントバッテリーアダプタープレートのレビュー

14.8VのD-TapやDC12Vまたはカメラ内臓バッテリーに使用するDC7.2VやUSB5Vの電源を供給して、ミラーレス一眼カメラやシネマカメラの長時間運用が可能になり、レンズヒーターや外部モニターのデバイスにも同時に給電できるANDYCINE Vマウントバッテリープレートを紹介します。

Vマウントバッテリーとは?


Amazon商品ページより【国内正規品】 FXLION NANO ONE Vマウントバッテリー 14.8V 50Wh

放送業務用機器等の業務用カメラや照明またはモニター等で使用するVマウントバッテリーは、バッテリー背面とアダプタープレートに外れ防止のV型ロック機構を備え、専用の端子から14.8Vの電圧と安定した大電力を給電して、長時間の運用を可能にする大型のバッテリーです。

カメラを振り回すようなヘビーな使い方をしても外れない確実なロック機構と、安定した電力を供給して長時間の撮影と確実な電源供給を可能にした業務用機器のスタンダードと言った所でしょうか。

大容量のVマウントバッテリーであれば幅100mm前後、縦の大きさは150mm前後に達する大型のバッテリーではありますが、近年登場しているシネマカメラやミラーレス一眼レフカメラ本体の小型化により、バッテリーも小型化して長回しが難しくなってきた部分も背景にあって、一定数の需要が存在している電源ではあります。

今回Vマウントバッテリーに移行したのは、主力カメラとして使用しているBlackMagic Design Pocket Cinema Camera 6Kの電源確保で悩んだ結果、最後にたどり着いたのがVマウントバッテリーだったという背景があり今回の記事にさせていただきました。

Vマウントバッテリー運用に移行したきっかけ

SmallRig 15mmロッドシステム
現在の主力カメラになっているBlackMagic Design Pocket Cinema Camera 6Kは、12 bitのRAWでの記録と最大6144×3456の6K解像度での保存を可能にした小型のシネマカメラなのですが、内臓のバッテリーとして使用しているCanonのLP-E6互換バッテリーでは、30分~40分程度、外付けのSSDで記録した場合は約15分から20分程度で一本のバッテリーを消費してしまいます。

Vlog撮影や短時間の演奏記録などでは、バッテリーを入れ替えて運用ができるのですが、2時間以上の長回しをする場合にはバッテリーを入れ替えての撮影をする事ができず、大容量のバッテリーを使用する必要性が出てきました。

最初から内蔵バッテリーの買い足しは諦めて外部電源を使用した電力供給を行っていたのですが、消費電力が多いBMPCC6Kでは安定した電力供給が難しく、過電流保護でシャットダウンをする事も稀にありました。


以前使用していたNP-Fバッテリーアダプターの事についてはこちらの記事に掲載しています。

NP-Fバッテリーアダプター内部にNP-Fバッテリーの定格電圧である7.2Vから12Vに昇圧する回路が組み込まれているため、BlackMagic Design Pocket Cinema Camera 6Kの12V給電端子からも電力を供給する事ができるのですが、そもそも1本のNP-Fバッテリーを昇圧して使うのには無理があったような気がします。(7.2V供給は大丈夫!)

ブラックマジック社製ポケットシネマカメラ4K/6Kの12V給電端子は、10.6Vから20V(P4Kは10.8Vから20V)の範囲で給電できる仕様らしく、正常動作可能電圧の下限付近で使用しているとカメラに内蔵してあるDC-DC電圧レギュレーターが過負荷になり損傷する原因になってしまう事がブラックマジックデザインフォーラムに記載されております。
筆者が使用しているP6Kに供給する11.4V~11.6Vの電圧では正常動作可能電圧の下限付近で動作するまではそんなに時間もかからず、挙動が不安定になる事も時々ありました。(個体差でレギュレーターから出力する電圧が低いかも?)

電圧が高い事よりも低い方が負担になる事は今まで知らなかった知識だったのですが、幅広い範囲で電力を供給できるなら中間の14.8Vで給電しちゃおう!って思ったのが、今回Vマウントバッテリーを導入したきっかけです。

ANDYCINE Vマウントバッテリーアダプタープレートのレビュー

アダプターの外観と端子

ANDY CINE Vマウントバッテリーアダプタープレートのレビュー
Vマウントバッテリーアダプターは様々なメーカーから発売されているのですが、あまり高価ではなく見た目がしっかりしている感じがしたANDYCINEのVマウントバッテリーアダプタープレートを購入しました。

リグやカメラ拡張機器は中国製が多いのですが、どうやらANDYCINEというメーカーも中国製らしい。
一昔前の中国製品とは比べ物にならないぐらい製品の精度は高くなってきているのですが、使用してみない事には何も分かりません。

アダプタープレートを固定している金属製のプレートは厚みもあり強度は充分ですが、それなりの重量感はありました。
固定は付属の15mmロッドクランプか1/4ネジまたは3/8ネジで固定ができますが、Vマウントバッテリー本体の重さをプラスしたアルミプレートに必要な強度を考えると、一点止めの構造上の問題とアルミニウムの特性上これ以上軽くするのは難しいんじゃないかと思う。

ANDYCINEのVマウントバッテリーアダプターは複数の電圧で出力できる端子が備えられており、5.5mm/2.5mm端子からのDC 12V出力や5.5mm/2.1mmのDC7.4V端子の他、USB端子を採用した機器にも給電できるUSB-Type A 5V出力端子の他、Vマウントバッテリーから出力される14.8Vをダイレクトに給電できるD-Tap端子が備えられています。

このバッテリーアダプターは同時に複数の機器にも電力の供給が可能で、バッテリーの過電流保護がかからない範囲内であれば、カメラとレンズヒーターに同時に電力を供給するような使い方も可能です。

それぞれの電圧に対応したDC5525-DC5525 7.2V・DC5521-DC5521 12V・USB Type-A-DC5525 5Vのケーブルが付属し、他にも7.2Vの電圧を給電できるLP-E6ダミーバッテリーアダプターが付属します。

しかし、D-Tap端子でカメラに給電しながらUSB-Type A 5V端子を使用してハンディレコーダーのZOOM H4nに給電した所(正規の使い方じゃない)、オーディオのラインにピーというノイズが乗りました。
Vマウントバッテリー本体のD-Tap端子やバッテリーアダプターの12V端子からカメラに給電するとノイズは乗るけど、モバイルバッテリーなどの別系統の電源からレコーダーに給電するとノイズが乗らないのでANDYCINE Vマウントバッテリーアダプターで同時給電すると起こる問題なんだと思います。
色々接続してみましたが、カメラとH4nに同系統の電源から給電、オーディオライン接続、というのがノイズ発生の条件でしたので、それ以外の使い方なら全く問題ありませんでした。

ちょっと残念だった付属の15mmロッドクランプ

ANDYCINE Vマウントバッテリーアダプタープレートのレビュー
ANDYCINEのVマウントバッテリーアダプターを15mmロッドシステムに取り付けたらモニターが見えなくなったぁ・・。
Amazonの商品画像では、2方向に取り付けられる15mmロッドクランプを付属している説明書きがあったのですが、仕様変更なのかミスなのか分かりませんが、モニターを隠すような縦付けしか出来ませんでした。

結局横付けも可能なSmallRigの15mmロッドクランプを別途購入して対応しましたが、商品説明と違ったのが少々残念。

というか、どこに付けよう・・。

NP-Fバッテリーアダプタープレートで運用してみた

ANDYCINE Vマウントバッテリーアダプタープレートのレビュー

Vマウントバッテリーの説明をしていた割には、使用したバッテリーはROWAのNP-F970互換バッテリーNeewerのNP-F Vマウントアダプタープレート・・。
こちらのNP-Fバッテリーアダプターは別途レビューさせていただきますが、長時間の運用を見越して大量にNP-F互換バッテリーを購入しちゃったんですよ・・。

D-Tap端子からBMPCC6Kに給電をしておりますが、実はVマウントバッテリーではなくNP-FバッテリーのVマウントアダプタープレートで運用するのもメリットがあるのです。
国際線の旅客機に持ち込めるリチウムイオン電池のワット時定格量が100whを超え160wh以下のものは2個まで、100wh以下のものは個数の制限なしで機内に持ち込む事が可能なので、元々預け手荷物として運べないリチウムイオン電池の特性上、海外渡航時の制限を受ける事が無いというメリットもあるのです。

他のメーカーのVマウントアダプタープレートでは、しっかりと固定されないというレビューもありましたが、ANDYCINEのVマウントアダプタープレート取り付け時のフィッティングはしっかりとしていて外れる様子もありませんでした。

個体差なのかと思いますがUSB給電端子が開口部から少しずれていたので、挿入時にきつく感じるのも少々残念。

ANDYCINE Vマウントバッテリーアダプタープレートの電圧
最初は12V出力からポケシネの12V端子に給電をしていたのですが、やはり14.8Vから降圧させた電圧でも表示されるのは11.6Vぐらい・・。ダメなわけではないんでしょうけど正常動作可能電圧の下限から1V高い程度の電圧なので、こちらはやめておきました。
多少低いのがデフォルトなのか個体差なのか、12V入力は相変わらず少し低く表示されますね。

で、D-Tap端子から14.8Vを給電した所、表示された電圧は15.8V(笑)
EDOGAWAのNP-F互換バッテリーなら7.4V出力なので2本で15V前後で出力しても理解は出来るのですが、7.2V出力のROWAの互換バッテリーで15.8V出力はよくわからないです。

1本で7.8Vぐらいで給電している時があったような無いような・・。2本で15.8Vぐらいになってもおかしくないのか・・。

ブラックマジックデザインのフォーラム通りに正常動作可能電圧の下限で動作させているとDC-DCレギュレーターに負荷がかかって故障の原因になるのと10.6Vから20Vで電力を供給できる事を守ってさえいれば、大丈夫なんでしょうけど、初見ではだいぶ不安になる電圧です。

実際に撮影で使用するZOOM H4nにも給電しながらバッテリーが空になるまでカメラを回し続けましたが、4時間15分ぐらい回した所で12.5V付近まで電圧が下がり、そこから急速に電圧が低下する速度も上がって約4時間30分ほどで、モニターから電圧表示が消えました。

つまり外部から給電されていると判定している状態で、内蔵バッテリーの電力を消費し始めている曖昧な状態となっています。

使用可能な限界の電圧を見たかったので今回は推奨されていない外部からの給電と内蔵バッテリーを併用しながら電圧表示を眺めていましたが、Vマウントバッテリーを使用した状態では12Vから11Vまで下がるのが凄く早く、11Vから限界の10.6V(10.8Vで電圧表示は消えてた)までは一瞬の出来事でしたので、やはり11.5V以下の低電圧で運用するのはあまりよろしくなかったような感じはします。

しかし、VマウントバッテリーじゃなくてVマウントバッテリーアダプターにNP-F970を2本載せて給電しても、4時間30分もノンストップで撮り続けられるのは本当に凄い!!
4本使えば約9時間ノンストップで撮影を続けられちゃいます!

仕事として引き受けるのであれば、クライアントからの信用を失う事の方が恐ろしいので、長回しをする時はANDYCINEのVマウントバッテリーアダプターでの運用、ジンバル撮影でカット数多めの映像を撮影する時はSmallRigのNP-Fバッテリーアダプタープレートで運用したいと思います。

今回購入したANDYCINEのVマウントバッテリーアダプタープレートは、Amazonでのレビューが少ないものの、製品品質は悪くないとは思います。
付属の15mmロッドクランプとUSB端子は少々難ありといった結果となりましたが、プレートやロック機構の強度もしっかりしていて実用性は十分にあると判断させていただきました。

しかし防水性能は皆無だと思いますので、屋外使用時は防水対策をしっかりとして使用するようにしてください。

ANDYCINE Vマウントバッテリーアダプタープレートのレビュー

モニターは若干見にくくなるけど、最終的にはこんな形になりました。

上方70度以上を撮影しなければ、どこにも干渉する事が無いバッテリー配置になりましたが、それ以上の角度だとNP-Fバッテリーがモニターに被る逆付けをしなければ三脚の脚に干渉してしまいます。
BMPCC6Kの音声入力は3.5mmのステレオピンジャックとモノラルのXLR端子しかないので、ファンタム電源駆動のステレオマイクを使用する時は外部レコーダーを取り付けて収録しなければなりませんが、ANDYCINEのVマウントバッテリーアダプタープレートはUSB 5V給電も出来るので、ZOOM H4nの内蔵バッテリー(乾電池)では極端に収録時間が短くなってしまう48Vのファンタム電源出力を使用しても十分な収録時間が確保できるようになりました。

以前は別途モバイルバッテリーから給電していたけど、一つのバッテリーから2つ以上の機器に同時に電源を供給できるようになって、毎回手間取っていた撮影準備に要する時間も少し短縮されたような気もします。

購入はこちらのリンクから!

ANDYCINE Vマウントバッテリープレート15mmロッドマウント D-TAP/Pタップ/DC/USB電源出力 電源スプリッタ LP-E6ダミーバッテリアダプタ モニター/DSLRカメラ/BMCC撮影カメラ/ポータブルデバイス用

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. EaseUS Data Recovery Wizard Pro

    安全にHDDを復旧!データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardが凄すぎた!

  2. ROWA・EDOGAWA・Sony純正のNP-F970バッテリー

    安価で安心ROWAとEDOGAWAのNP-F970互換バッテリーのレビュー

  3. ピカピカレインPremium

    車ボディー用硬化ガラスコーティング剤 ピカピカレインPremiumのレビュー

  4. 只見線第一橋梁でのレンズヒーターテスト

    CoowooのUSB電源カメラレンズヒーターで結露や曇り対策をしたので購入後のレビュー

  5. DIXCELブレーキローターPDタイプ

    純正から評判が良いDIXCEL(ディクセル)のブレーキローターPDとパッドM Typeに交換してみたのでレビュー

  6. QING CAOQING 光ファイバーHDMI ケーブルの外観

    QING CAOQING 光ファイバーHDMI ケーブル 10mのレビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。