明暗別色補正の使用方法 シャドウとハイライトの色調を変える-Adobe Lightroom Classic CC

仙台城の夜景 ティール&オレンジ

Adobe Lightroom Classicの明暗別色補正は、RAW現像の中でも中級編以上の項目となり、ハイライトとシャドウの色を個別に変えて写真のイメージを洋画風や印象的な色調に変える機能です。今回はこの機能について詳しく解説いたします。

明暗別色補正で印象的な写真に仕上げる方法

明暗別色補正とはどんな機能なのか?

Adobe Lightroom 明暗別色補正

明暗別色補正は、ハイライトとシャドウに別々のカラーフィルターを通したような色調補正ができる機能です。一眼レフやミラーレスカメラでカラーフィルターを使用して撮影した時は全体的に色が変わってしまうものですが、暗部だけ色を変更したい時や、明部だけ色を変えたい時など様々な場面で活躍します。
上の写真はハイライトにイエロー、シャドウにブルーの明暗別補正を弱くかけて、少し温かみのある色調の写真にしていますが、これをどのような操作で行ったかを以下で解説していきます。

明暗別色補正の操作方法

Adobe Lightroom 明暗別色補正 Adobe Lightroom 明暗別色補正の操作方法
明暗別色補正は、ハイライト・シャドウ共に色相と彩度を変更できる機能で、スライダーでの調整以外にも右側の画像のように左右で色相の指定と上下で彩度の指定が自由にできるようになっています。
使用したい色を左クリックすると、その位置に四角いポイントが入ってシャドウまたはハイライトの色相を変更する事ができます。
また左側の画像では、スライダーを左右に動かす事で右側画像と同じ効果が得られますので、こちらは微調整をする時に便利になります。
それでは、ハイライトとシャドウの間にあるバランスとは何かを以下の項目で説明します。

明暗別色補正のバランスの使用方法

Adobe Lightroom 明暗別補正のバランス使用方法
アドビ ライトルームの明暗別色補正のバランス

いつも記事を書く時に使用しているカラーチャートですが、シャドウの色相を青にした時に補色の関係となる黄色をハイライトに適用して、バランスのスライダーを右に動かします。
この操作を行うと、補色の関係である青と黄色が打ち消し合って、明度47%のグレーが元と同じような色になり、明度47パーセントから上の明るさは黄色、その下の色は青っぽくなります。

Adobe Lightroom 明暗別補正のバランス使用方法
アドビ ライトルームの明暗別色補正のバランス

シャドウをグリーンにハイライトをパープルに変更して、バランスを-30に調整すると打ち消し合う位置が明度62%の位置になり、カラーチャートの左から3番目の位置が元のグレーと同じ色になります。

シャドウに青、ハイライトに黄色を使った明暗別補正の彩度を下げたとしても、効果が適用される範囲は変わらないようです。
なので、中間は残してシャドウとハイライトの一部分だけ色を変えるみたいな使い方はできない模様。補色の関係でなければ、バランスで調整した位置でハイライトとシャドウの色が混ざり合ってしまうようです。

仙台城の夜景 ティール&オレンジ
範囲の指定ができれば良いのと、画像の明度に合わせて彩度の調整ができれば便利になりそうな気もするのですが、Lightroomには無いのでしょうね・・。
上の手法でティール&オレンジを作ったのですが、ほとんど暗部なので正直わからないですw他の色の組み合わせ方でも映画調など印象的な色合いに変えられますので是非ともチャレンジしてみて下さい。
また、カメラの特性などでRAWデータの現像作業過程でシャドウとハイライトの色相が極端に変わってしまった場合でも活用できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. Adobe Lightroom コントラスト

    RAW現像の基本的な補正方法を学ぶ -Adobe Lightroom Classic CC

  2. アーティスティックな白石川堤一目千本桜

    アーティスティック プロファイルを使いこなす-Adobe Lightroom Classic CC

  3. Adobe Lightroom 段階フィルターを二重に適用する

    段階フィルターを使用して水辺の反射をウユニ塩湖のように表現-Adobe Lightroom Classic CC

  4. Sony α6600

    Sony α6600&α6100を発表 気になる写真と動画の撮影性能は?

  5. Reduse noise V5 適用後

    動画のノイズ除去ソフト Neat Videoが凄すぎた!|Adobe Premiere Pro

  6. 塩釜神社 Lightroomモダンの比較

    モダン プロファイルを使いこなす方法-Adobe Lightroom Classic CC

    • キッチョム

    いつも有益な情報提供有難うございます。特に花火情報はとても重宝させていただいております。
    さて、昨年の9月の記事「明暗別色補正で印象的な写真に仕上げる方法」の内容で教えて頂きたい事項があり、失礼を顧みずにメールさせていただきました。お手すきの時にでもご返信頂ければ幸いです。
    【明暗別色補正のバランスの使用方法】の、「補色の関係である青と黄色が打ち消しあって、明度47%のグレーが元と同じような色になり、明度47%から上の明るさは黄色、その下は青になる・・・」のところで、
    ①バランス+8にすると何故グレーは明度47%が分岐点となるのですか?、
    ②元と同じような色の「元」はどの色をさすのですか?、
    ①と同じ質問になりますが③バランスを-30に調整すると打ち消し合う位置が明度62%の位置になる。何か計算方法とか早見表があるのでしょうか?
    色のことは補色関係くらいしか分かっていないので、初歩的過ぎる迷惑な質問かとは思いますがよろしくお願いします。

      • Japan Videography

      質問ありがとうございます。
      バランス0では、明度50%付近でシャドウとハイライトの両方の色が混じり合うのですが、これをハイライト寄りにするかシャドウ寄りにするかはバランスで調整します。
      補色ではない場合は、シャドウとハイライトの両方の色が混じり合う位置をバランスで調整するような物だと思っていただいた方が良いと思います。
      特に計算方法などはないのですが、明暗別色補正の適用される範囲を知りたくて、グレースケールをダウンロードして明暗別色補正を適用した時に発見しました(この記事に使用している物とは別の画像です)。
      一種のカラーフィルターみたいな機能なので、元の色に色付きのフィルターを被せるような機能だと思っていただければいいと思います。なので元の色が何かという指定は無く、バランスの位置から明るい部分と暗い部分に別々の色のフィルターをかけられるような機能だと思っていただければ良いと思います。

      私的には中間を残して暗部と明部にだけに適用できるフィルターだと思っていたのですが、それとはまた違ったようです。

      製作者の権利の問題があるのでダウンロード先の掲載はできないのですが、グレースケールで検索していただければ、テスト用の画像が見つけられると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。