春以外も楽しい成田空港の飛行機観賞スポット!成田市さくらの山公園|千葉県成田市

春に咲く桜と共に成田国際空港に着陸する世界中の飛行機を眺める事ができる成田市さくらの山公園は、春以外に訪れても楽しめる飛行機観賞スポットです。
この記事では2019年12月中旬の真冬に訪れた時の様子を記事にしています。

成田市さくらの山公園とは?

飛行機観賞の名所として知られる千葉県成田市の成田市さくらの山公園は、世界各国の旅客機が離着陸する成田国際空港に隣接する公園ですが、整備する前は一部の航空ファンのみが知るただの空地でした。
その後、土地を所有する新東京国際空港財団(現在の成田国際空港株式会社)と成田市が土地の無償賃借契約を結んだことで公園として整備されるようになり、2000年4月1日から供用開始となっています。
この公園は、春に300本以上の桜が咲くお花見スポットとしてとても有名になり、毎年3月下旬から4月上旬にかけて全国から大勢の航空ファンや観光客が訪れる公園として知られるようになりましたが、地方空港では滅多に見る事のできない世界各国の旅客機が発着する風景を見ることができる公園としても知られるようになりました。

約2年ぶりに訪れた成田市さくらの山公園ですが、12月にもかかわらず大勢の観光客や航空ファンが訪れていました。

冬のさくらの山公園の様子

大勢の観光客が訪れるさくらの山公園の様子
12月であったにもかかわらず春のようにも感じるぐらいとても暖かい一日で、冬季に多い南東方面からの着陸ではなく、さくらの山公園がある北西方向から着陸する飛行機を見る事ができました。
冬に桜の山公園に来たことはほとんどありましたが、こんなに大勢の人々が訪れているのは初めて見たような気がします。

大勢の観光客が訪れるさくらの山公園の様子
さくらの山公園の展望広場は国内最長級の4000メートル滑走路を有する成田空港のA滑走路より少し高い位置から、発着する飛行機の様子をフェンス越しに見る事ができます。

ユナイテッド航空 ボーイング777の着陸
冬は特にさくらの丘方面から着陸する様子を見る事が多いのですが、この日はさくらの山公園側から着陸する旅客機を見る事ができました。
近年はB滑走路へ着陸する旅客機が増えてきたような気がしますが、デルタ航空やユナイテッド航空などアメリカ方面から到着する機体が増え始める時間帯になるとA滑走路への着陸機も増えてきます。

厦門航空 ボーイング787-8
厦門航空(アモイこうくう)という中華人民共和国の航空会社なのですが、日本にも多く乗り入れをしている中国南方航空の傘下にあるとの事です。
最新鋭旅客機として2011年に初めての運航となったボーイング787-8ドリームライナーもデビューから8年も経過しているため、珍しい機体ではなくなってきましたね(地元の仙台空港ではまだ激レアですが)。

ブリティッシュ エアウェイズ ボーイング787-9
ボーイング787-8ドリームライナーの胴体を約6メートル延長したボーイング787-9の初号機は2014年7月9日にニュージーランド航空が初受領しましたが、ロンドン・ヒースロー空港から成田国際空港まで運航しているブリティッシュ・エアウェイズは2016年から両空港間をボーイング787-9で運航するようになりました。

ブリティッシュ エアウェイズ ボーイング787-10
787-8ドリームライナーよりも胴体を12メートル延長したシリーズ最長のボーイング787-10も成田国際空港には就航しています。
エバー航空といえば地方路線を中心にエアバスA330で運航しているイメージが強いのですが、退役したボーイング747-400や2019年退役予定のA330-200を含めてエアバス機からボーイング787に置き換えられそうな気もします。

デルタ航空 エアバスA350-900
ボーイング787の初就航から遅れる事4年後の2015年に運用開始となったエアバスA350 XWBも成田国際空港に就航しています。
主にアメリカ路線と成田国際空港間で運航しているデルタ航空の機体ですが、主翼端から斜めに立ち上がったシャークレットが特徴的です。
エアバスA350シリーズはA350 XWB(eXtra Wide Body)が正式名称ですが、標準型と長胴型を区別する時はA350-900・A350-1000も正式名称なのだそうです。
ほとんどの場合はシリーズを通して主脚の車輪数が同じになるのですが、A350-1000はボーイング777と同じ6輪ボギーが採用されているのだそうで、350-900と1000の違いは胴体の長さだけではなく車輪の数でも区別ができます。

デルタ航空 A330-900neo
A350の登場で徐々に姿を消すのかと思っていたA330ですが、A350-800の開発を中断してA330-800neoとA330-900neoの2機種を2018年から運用開始していたみたいです。
パッと見た感じではA350と似ているような気がするのですが、胴体の長さはA330-200とA330-300と同じ長さで製造されています。

ベトナム航空のエアバスA350-900とホンダジェット
ベトナム航空のエアバスA350-900が目立っている写真ですが、その手前ではホンダジェットが離陸準備をしています。
国産の三菱製リージョナルジェットMRJが話題になりましたが、自動車の生産をしている本田技研工業の航空事業会社であるホンダ エアクラフト カンパニーが開発した小型ビジネスジェット機であるホンダジェットは、2015年から世界各国で運用されています。

Honda Jet World tour in Japan
ホンダジェットは世界各国13か所の空港で展示飛行を行うホンダジェットワールドツアーで、仙台空港でのフライトも行いました。
動画はその時の様子です。

ANA スターウォーズジェット BB-8
2016年にスターウォーズのプロモーションの一環として登場したSTAR WARS ANA JETの3機目であるBB-8もまだ健在です。
予定では2020年までのフライトとなっていたはずなので、そろそろ見納めになってしまうかもしれません。

ANA A380-800 Flying Honu
2014年にANAで運航していたボーイング747-400の退役により国内の航空会社(貨物機を抜く)から姿を消した四発機ですが、成田国際空港からハワイ・ホノルルを結ぶ路線に世界最大の旅客機であるエアバスA380-800が2019年に初就航となりました。
一時はスカイマークが購入した事で話題になりましたが、ANAが3機のA380を購入してウミガメをイメージしたFLYING HONUという名称で3色の機体を順次就航する予定です。

世界各国から色々な旅客機が飛来する成田国際空港ならではの楽しみ方ですが、機体の特徴や特別塗装機などを覚えておくと桜が咲いている季節以外にもより一層楽しめると思います!

さくらの山公園 所在地・駐車場情報

所在地 関東地方/千葉県成田市駒井野 さくらの山公園
駐車場 あり 約120台
トイレ あり
交通アクセス バスは、JR成田駅参道口(東口)2番乗り場よりJRバス 航空博物館行き「さくらの山」バス停下車
成田市コミュニティバス 津富浦(つぷうら)ルート「さくらの山」バス停下車
マップコード 137 673 809*67
関連ホームページ等 空の駅さくら館

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. 秋田県大仙市 旧池田氏庭園

    旧池田氏庭園 | 国指定名勝 東北三大地主の大庭園 | 秋田県大仙市

  2. 小屋館跡庭園 池と紅葉の風景

    小屋館跡庭園の美しい紅葉|秋保温泉郷 天守閣自然公園|宮城県仙台市

  3. 東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション

    今年も凄いぞ!東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション 2019-2020|千葉県袖ケ浦市

  4. 秋田県大仙市 払田柵跡(ほったのさくあと)

    払田柵跡(ほったのさくあと) | 謎を秘めた日本の古代城柵遺跡 | 秋田県大仙市

  5. 県民の森 ウイニングシューター

    アスレチック遊具で遊べる自然散策路 宮城県県民の森 | 宮城県利府町

  6. 石ノ森漫画館の外観

    石ノ森萬画館|懐かしい漫画や特撮ヒーローを展示している記念館|宮城県石巻市

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。