写真のノイズを半自動で綺麗に除去するプラグインNeat Imageのレビュー

Neat Image適用前後の比較

高感度で撮影したデジカメ写真や一眼レフカメラのRAWデータのディテールを比較的保ったまま、簡単操作でノイズを低減できるソフトウェアでありながら、Adobe Photoshopのフィルタープラグインとしても使用できるABSoft Neat Imageのレビューです。

ノイズ除去プラグインNeat Imageを導入した理由

有償案件の映像撮影のおまけで、アシスタントに写真を撮ってあげてと頼んだんですが、マニュアルに設定したままだったので、これでもかってぐらいアンダーで撮っていただけまして・・・。
RAWでは撮影をしていたけれど、AdobeのカメラRAWで露出を持ち上げたら、依頼者に渡す事が出来ないぐらい高感度ノイズでザラザラだったのです。
Adobe Camera RAWやLightroom Classicに標準で搭載されているノイズ除去フィルターを使用してもある程度はノイズを除去できるのですが、強度を上げるとノイズと一緒にディテールまでつぶれちゃって、ぼやけたような写真になってしまうのです。
映像の編集で以前からNeat Videoを使用してノイズやバンディングの除去をしていたのですが、ちょっと処理は遅いけど、DaVinci ResolveやAfter Effectsに搭載しているノイズ除去フィルターよりもディテールが残って個人的には手放せないプラグインとなっていました。

そういえばNeat Videoのウェブサイトに写真用のノイズ除去プラグインがあったなぁと思って導入したのがNeat Imageです。

Neat Imageデモ版で無料体験も出来ます!

Neat Image デモ版のインストール

写真のノイズ除去ソフト Neat Image
Neat ImageはABSoftという海外のメーカーが開発しているプラグインなので、ウェブサイトもプラグインも全て英語で日本語にはこれっぽっちも対応をしておりません。
英語が得意な人は大丈夫だと思いますが、使い方を覚えるまでは翻訳をしながら使い方を覚えていく必要はあります。
と言っても、Neat Videoに比べればそんなに難しくは無いですけど・・。
フラッシュバックジャパンでもNeat Imageを販売しておりますが、バージョンが変わった時にライセンスでややこしくなる事もありますし、ABSoftで購入するとアップグレードプランもあったと思うので、極力ABSoftのウェブサイトから購入する事をオススメします。

Neat Imageデモ版のインストール
Neat Imageのデモ版はこちらからダウンロードをします。
単独で動作するStandaloneとPhotoshopで使用できるプラグインがありますが、PhotoshopでRAW現像をしている人は是非プラグイン版をダウンロードして下さい。

Neatimageのセットアップ
次にダウンロードしたファイルを開いてインストールをします。
インストール中にカスタムフォルダーとPhotoshopのプラグインフォルダーを選択できますが、カスタムフォルダーはまともに動かない事もあるので、デフォルトのプラグインフォルダーのままインストールを進めた方が良いです。


Neat Imageデモ版をPhotoshopで使用する

Neat Image デモ版を使う
Neat Imageのインストールが完了したら、ノイズだらけになった写真をPhotoshopで開いて、フィルターの項目にあるNeat Imageをクリックします。

Neat Imageのデモ版は機能がかなり制限されてしまいますが、ディテールの残り具合と軽減されるノイズ量ぐらいは分かりますし、使用方法の掴みぐらいは覚えられるとは思います。

Neat Imageの購入とインストール

RAWデータを扱ったり商用利用する人はPro版の購入を!

Neat Image HomeとProの違い
Neat Imageの有料版はHomeとProの2種類がリリースされています。
どちらも有料ではありますが、home版は8ビット以上のデータは扱えず、また商用利用もできません。
なので、RAWデータを現像したりプロとしてカメラを扱っている人はPro版を購入した方が良いです。

neat Imageの購入
カートに入れてから購入を進めていくと、請求先の住所や購入者の氏名を入力する画面に移りますが、このページは各国語で入力する事が出来るので日本語でも英語でも大丈夫です。
購入者の氏名は後ほどアクティベーションでも使用するようになるので、入力フォームは全て英語で入力をいたしました。

アカウントのログインとダウンロード

Neat Imageの購入完了のメール
購入後は24時間以内にアカウントへのログイン方法やプラグインをアクティベーションするライセンスコードが記載されたメールが24時間以内に届きます。

ログインページのリンクをクリックすると、アカウントをアクティブ化するように求められますので、手順に従ってアクティブ化し、ログイン用のメールアドレスとパスワードをメモするかページをプリントアウトします。(メールに記載してあるライセンスとは別です。)

Neat Imageのダウンロード
アカウントにログインをいたしましたら、My Productsから購入したバージョンのNeat ImageからWindows版かMacOS版を選択し、Windowsであれば64bitか32bitのどちらかを選択してファイルをダウンロードして下さい。

インストールはデモ版と同じで、デフォルトのフォルダーを選択する以外の操作はNextで先に進めていくだけです。

Neat Imageでノイズを除去する

Neat Image Reduce-Noise
インストールが完了したら写真データをPhotoshopで開きますが、筆者の場合は、Adobe BridgeでRAWデータを開いてCamera RAWで色調補正をしてからPhotoshopに送っています。
LightroomやPhotoshopのカメラRAWでRAWデータを現像すると、JPEGやPSDなどに一度変換されますが、Adobe BridgeでCamera RAWを開くとPhotoshopで書き出すまでRAWデータのまま編集ができます。

Photoshopで写真を開いたら、フィルターからNeat Imageの設定画面を開きますが、初めて使用する時はアクティベーションを求められますので、メールに記載してあったライセンスを入力します。

Neat Image パフォーマンス設定
まず最初にPCのスペックに合わせてパフォーマンス設定を行います。Neat VideoとNeat Image共通で言える事なのですが、Optimize SettingでCPUのコアとGPUを組み合わせて処理にかかる時間を測定して最適な設定を自動で選択してくれます。

Neat Image 自動ノイズリダクション
ノイズを軽減するだけであれば、Auto Profileをクリックするか、マウスを使用して写真データ上のディテールが無い部分を四角い枠で囲んでからAuto Profileをクリックすると、ノイズ量とノイズの成分を自動で検出しますので、Applyをクリックして適用します。

Neat Image ノイズフィルターセッティング
Applyをクリックしないで、Noise Filter Settingに進むと、ノイズ軽減量を追加したり、ノイズ軽減量を増やした時に生成されるドットやライン状の新たなノイズを軽減する事も出来ます。

PCのスペックにもよりますが、Noise Filter SettingではQuality ModeをHighestにするのがオススメです。 ノイズ軽減時の品質も良くなりますが、他のクオリティモードでは無効になっているシャープニングが使用できるようになります。
Neat ImageとVideoで共通して言える事ですが、この機能を有効にしても、いかにもシャープ感を強くしているような違和感のある仕上がりにならないので、シャープニング機能を使うだけでもオススメできるソフトウェアです。


まとめとノイズ軽減の仕上がり

Neat Image適用前後の比較
スマートフォンで見る分には気にならない程度の高感度ノイズなら、Auto Profileを適用するだけでもほとんど気にならないレベルまでザラザラとしたノイズが目立たなくなっています。

Neat Image適用前後の比較
ノイズ量が多い場合は、Noise Filter Settingでさらに追い込んで行くと、ディテールを残したままノイズもほとんど目立たない写真に仕上げる事ができます。
もちろん全ての人が完璧と思えるほどのプラグインでは無いのですが、Neat ImageはAdobe PhotoshopやLightroomに搭載されているノイズ軽減フィルターの仕上がりだけでは満足できないフォトグラファーにはオススメしたいソフトウェアです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. BMPCC 6K(Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K)を購入して気付いた事

  2. Adobe Lightroom ノイズ除去

    シャープとディテール・ノイズ除去の使用方法-Adobe Lightroom Classic CC

  3. RAWにおけるホワイトバランスの補正

    カメラのホワイトバランスを簡単確実に調整する方法

  4. 仙台駅前の夜景

    明暗差を抑えて夜景写真をレタッチ RAW現像テクニック-Adobe Lightroom Classic CC

  5. アーティスティックな白石川堤一目千本桜

    アーティスティック プロファイルを使いこなす-Adobe Lightroom Classic CC

  6. フルサイズミラーレスカメラSony α7RⅣ

    Sonyの新機種 α7R Ⅳがついに発表!スペックが凄すぎる写真と動画の撮影機能!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. RAWにおけるホワイトバランスの補正

    カメラのホワイトバランスを簡単確実に調整する方法

  2. シャッタースピードについての説明

    カメラ初心者の基礎 ISO感度 絞り(f値) シャッタースピードの調整方…

  3. 山善 セラミックヒーター ミニタイプの転倒OFFスイッチ

    コンパクトで意外と暖かい山善 セラミックヒーター ミニタイプの評…

  4. ja05rj-topaz

    写真の酷い手振れの補正やピンボケを自動で修正するTopaz Sharpen A…

  5. Neat Image適用前後の比較

    写真のノイズを半自動で綺麗に除去するプラグインNeat Imageのレビ…