5GモバイルWi-Fiルーター Galaxy 5G Mobile Wi-FiとBIC WIMAX+5Gのレビュー

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

スマートフォンの他にタブレットやノートパソコンなどのマルチデバイス(2台以上の端末)を使用する際にお得になる、UQ WiMAX+5G対応のモバイルWi-FiルーターGalaxy 5G Mobile Wi-Fiと5G通信が使い放題になるBICギガ放題プラスのご紹介です。

モバイルWi-Fiルーターの魅力

スマートフォンの他にタブレットやノートパソコンなどの複数のデバイスを使用すると、モバイル回線の契約の問題や料金プランの高額化で悩まされる事が少なからずあると思います。
スマートフォン単体で通信量無制限のプランを契約して、データシェアやテザリングを使用して複数のデバイスでデータ通信を共有するのもありですが、月に30GBを超えるデータ通信の共有を行うと通信速度の制限や
追加で料金を支払ってデータ容量を購入する事で制限を解除できるデータチャージが必要になってきます。

追加の契約をしないで店舗やホテルに設置されたWi-Fiを使用して通信するのもありなのですが、Wi-Fiが使用できるホテルでも実は部屋まで電波が届いておらず、別途設置されているインターネットルームやロビーでしか使用できない例もあります。特に出張が多い社会人は、この問題に一度は当たった事があるのではないでしょうか。

ここ1年間ではコロナウィルス感染症の感染拡大で、会社に出勤をしないで労働を行うテレワークやワーケーションが注目されるようになり、他にも無観客イベントでの動画のライブ配信やZOOMなどのビデオチャットサービスを使用したオンラインミーティングなど、どこにいても大容量のインターネット通信を行える環境も必要になりました。

契約するモバイル回線によっては大容量通信後に制限をかけられる事はありますが、割と制限が緩く原則無制限でモバイル回線を使用できるのが、モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)を使用したデータ通信なのです。

モバイルWi-Fiのメリット

  • 工事不要ですぐにインターネット通信が行える
  • 一つのWi-Fiルーターで複数端末の通信を同時に行える
  • 契約した移動体通信事業者の電波さえ入れば外出先でも使用できる
  • 1日に極端な大容量通信を行わなければ原則無制限で使用できる
  • テザリング使用時のように端末に負荷がかからないため、少ない消費電力で通信を行える
  • スマートフォンの料金を一番低いプランに抑えられる
  • リアルタイムで通信量がディスプレイに表示される
  • IPv4/IPv6デュアルスタックに対応している

モバイルWi-Fiのデメリット

  • 通信速度はスマートフォンとほとんど変わらない
  • 使用する場所や時間によっては回線速度が安定しない
  • Wi-Fiルーター分の端末が一台増えてしまう
  • 元々通信量が少ない人はメリットが無い
  • 家族割が使える人もそんなにメリットがない
  • 料金を低く抑えようとすると2年や3年縛りがある
  • 3日間で決められた使用量を超えると速度制限がかかる(数日で解除される)
  • ハイスピードエリアモードやプラスエリアモードの使用量制限を超えると翌月1日まで速度を制限される
  • テザリング使用時に比べると消費電力は少ないが、長時間の通信を行う場合はモバイルバッテリーなどは必要

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01を購入しました

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
今回契約した端末は、Samsungが製造しているGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01です。
重さ約200gで幅147mm縦76mmのほぼスマートフォンサイズの小型端末でありながら、連続約1000時間の連続通信が可能な5000mAhバッテリーを搭載し、5G通信で最大10台までのモバイル端末とWi-Fiで接続できます。
BICの WiMAX+5Gを契約したのですが、この端末1台でUQ WiMAX+5Gの他、au 4G LTEとau 5Gのモバイル回線が使用できるようになります。

WiMAX+5Gを使用した通信は月間通信容量無制限で使用が可能なのですが、残念ながらauの電波を使用するプラスエリアモードは月間15GBの制限があり、いずれの回線を使用しても3日で15GBを超える大容量通信を行うと、翌日の18時から午前2時までの混雑時間帯のみ速度制限をかけられます。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
購入後から現在までちょうど1日ぐらいなのですが、設定などで1GBほど利用し、フルハイビジョンでのライブ配信を約25分間ほど行って合計で2.49GBほど使いました。
完全に途切れる事は無いのですが、エリアマップを見る限りでは5G通信(4Gから転用のなんちゃって5G)のエリア外であるにも関わらず5Gでの通信ができており、5Gと4Gが切り替わる時に通信速度が極端に遅くなる時もありました。
通常利用では十分な速度は出ておりましたが、IPアドレスが枯渇しているIPv4でのライブ配信はかなり厳しい状況で、IPv4の通信を完全に切った状態でIPv6のみの通信を行えば割とスムーズに配信が行えました。
一緒に契約をしたBIC WIMAX+5GはIPv4とIPoEを使用したIPv6のデュアルスタックに対応していたため、GoogleやFacebookが開発・運営を行っているウェブサービスであればIPv6を使用してスムーズなライブ配信も行えます。

どの移動体通信事業者でも、高速通信が行える5G Sub6とミリ波に対応したエリアはとても少なく、繁華街などの人が集まる場所を抜けば、ほとんどが4Gから転用した5G NRでの通信となります。

5GのUSENスピードテスト速度測定

USENのスピードテストでWiMAX +5Gの速度を測定しましたが、NR化したなんちゃって5Gは4G LTEの速度とほとんど変わらず、プラスエリアモードを使用してもほとんど変わりませんでした。
今回導入したGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01は、5GのSub6とNRには対応していますが、ミリ波には対応していないのでご注意を!・・と言ってもミリ波はほとんど開通しておりませんが。

ちなみにWi-Fiを屋外で使用する時は、5.6GHz帯以外の5GHz帯をは電波法で規制しているので、屋外モードを搭載していないGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01は屋外で使用出来ない事になっております。
バレなければ大丈夫でしょうけど、電波Gメンと呼ばれる総務省の職員が抜き打ちで取り締まりをしている事もあるらしいので、1年以下の懲役か100万円以下の罰金刑を受けたくなければ是非2.4GHzを使用して下さい。


Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの仕様

タイプ
Wi-Fiルーター

サイズと重量
サイズ(H×W×D): 約147mm×約76mm×約10.9mm
重量: 約203g

画面サイズ
5.3インチ

最大通信速度
受信最大2.2Gbps*/送信最大183Mbps*
*通信速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。記載の通信サービスはいずれもベストエフォート型サービスです。エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況などにより通信速度が大幅に低下したり、通信自体がご利用いただけなくなる場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。通信速度は記載時点の最大通信速度であり、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

Wi-Fi規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5Ghz対応)

Wi-Fiテザリング台数
最大10台(WPS対応)

USBテザリング台数
1台

同梱物
SIM取り出し用ピン(試供品)
取扱説明書

対応通信規格
5G*/4G LTE/WiMAX 2+
*最適な5G接続が必要です。5Gサービスのサポートは、5Gネットワークが利用できる場所に限られます。詳しくは各キャリアのサイトをご参考ください。

対応通信プロトコル
IPv4/IPv6デュアルスタック対応

カラー
ホワイト

バッテリー
5,000mAh

実際の使用感

だいたいの事は既に記載しておりますが、5Gの電波を拾えたとしてもほとんどが4Gを転用した通称なんちゃって5Gなので、受信最大2.2Gbps/送信最大183Mbpsには程遠い状況です。
全国でも地域の拡大が進んでいない5Gミリ波とsub6が使用できる一部地域を抜いて通信速度は4G LTEと同等と思っていて良さそう。
ただし、PPPoEのIPv4とIPoEのIPv6デュアルスタックに対応しているため、IPv6を使用したライブストリーミングであればハイビジョン映像でもフレームドロップ無しで48分間の配信が行えました。

Introduction of Japanese Christmas lights Live Streaming using 5G networks and IPv6
このYoutube動画が4G LTEのIPv6を使用してライブ配信をした時のアーカイブ映像になりますが、最大7000kbpsの最大ビットレートの可変ビットレートで配信を行いました。
IPv4の時は最大4000kbpsでもフレーム落ちが多発してしたので、かなりスムーズになったような印象があります。

ポケットサイズでは無い大きさと、Wi-Fiを使用して通信を行うならばモバイルバッテリーは必要だと思った方が良いと思うので、持ち運びの手軽さという部分ではとても素晴らしいと言えるような製品では無いと思いますが、通信料金に関してはモバイルWi-Fiの契約と一緒にスマートフォンもUQモバイル くりこしプラン(S)に変更しているので、auの回線を契約していた時よりもトータルでとても安く済んでおります。
UQモバイル 節約モード

UQモバイルにはデータ通信容量を消費0にできる節約モードがあるので、モバイルWi-Fiを併用すれば高速モードに変更して無理矢理使わない限り実質通信容量0GBで次の次を迎える事が出来ます。

BIC WIMAXのBICギガ放題+プラン

BICギガ放題のプラン

プラスエリアモードを使用するのであれば3年契約が一番お得になりますが、解約や料金プランの変更を行った場合は10,450円の契約解除料が発生する点については注意していただきたい。
来年の春以降であれば5Gsub6のエリアもかなり拡大されてくるので、そのエリア内であれば回線速度の高速化も見込まれるはずです。
詳しくはWIMAXの春以降のサービスエリアマップを参照してください。
通信制限については、3日間で15GBの制限がありますが、3日間合計で15GBを超えない限り通信制限はかからないですし、制限がかけられても1日で解除されるようになります。

プラスエリアモードについては1ヶ月15GBの制限があるので、これを超えないように注意をしながら使用するようにして下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらの記事もオススメかも

  1. SmallRig Matte Box

    コスパ最高!雨対策とハレーション対策にSmallRigの軽量マットボックスのレビュー

  2. ブレーキキャリパー塗装後の仕上がり

    ブレーキキャリパーを耐熱チタンカラーに塗装してみました。

  3. マザーボードとCPU交換 起動後

    故障した水冷自作パソコンをCore i7 8700とASUS ROG STRIX Z390-F GAMINGで再製作!

  4. SmallRig BMPCC 4K/6K用NP-Fバッテリーアダプタープレート 2698

    カメラに外部から給電できるSmallRigのNP-Fバッテリーアダプタープレートがおすすめだったけど追記あり!

  5. ANDYCINE Vマウントバッテリーアダプタープレートのレビュー

    4時間連続撮影!Neewer NP-Fバッテリー Vマウントバッテリーコンバータアダプタのレビュー

  6. トイストーリー4 フォーキーの作り方

    市販品だけ!トイストーリー4のフォーキーの作り方があるらしい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 大曲の花火 春の章 フィナーレ花火

    2022年 大曲の花火 SPRING FESTA 春の章 世界の花火 日本の花火

  2. USB端子洗浄後のカメラ

    接触不良でUSB端子に接続したデバイスが認識しない場合の接点復活方…

  3. marching

    動画撮影にも使えるステレオ録音のマイクセッティング方法

  4. VSCシステムチェック警告灯点灯

    VSCシステムチェック表示・エンジン警告灯が点灯、故障かと思ったら…

  5. log-grade

    映像撮影におけるRAWとLogの違いとは何か?